検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

Su凸ko D凹koi

自慢の彼女には最後までなれなかったまんまだな。

 2018年9月19日に3ピースガールズバンド“Su凸ko D凹koi(すっとこどっこい)”が、初のフルアルバム『腐っても私』をリリース。現在、収録曲の歌詞を先行公開中です!さらに新曲「ゆうと」はMVも解禁されております。今日のうたコラムでは、その「ゆうと」をご紹介。曲中で計10回も呼びかけられる<ゆうと>という名前…。主人公の<私>は今、彼に一体どんな想いを抱いているのでしょうか。

ゆうと
あなた卒業写真の私の顔をみて
今の彼女と笑っているのでしょう

ゆうと
あなた私があげた時計なんか捨てて
今の彼女と手を繋ぐんでしょう
「ゆうと」/Su凸ko D凹koi

 冒頭から描かれてゆくのは<ゆうと>という恋人と別れてしまった<私>の心情です。元カレの名前が<ゆうと>である人。今カレの名前が<ゆうと>である人。自分の名前が<ゆうと>である人。それぞれの立場でいろんな聴き方ができそうですよね。また<ゆうと>の部分に自分の元恋人の名前を当てはめて歌ってみると、いっそう歌詞がリアルに感じられることでしょう…。

 歌詞の“失恋後あるある”に思わず頷いてしまう人も多いはず。別れたのに、心は<あなた>でいっぱいで、ネガティブなひとり相撲をしてしまう。どうせ<卒業写真の私の顔をみて 今の彼女と笑っているのでしょう>という現在妄想。どうせ<私があげた時計なんか捨てて 今の彼女と手を繋ぐんでしょう>という未来予想。ただし、この歌の<私>の場合、本当は<ゆうと>がそんなことをする人間だなんて思ってない気がします。それに“どうせ…”と責めているわけでもないのです。

ゆうと
私友達なんて一人もいなかった
変なあだ名も沢山ついていた

ゆうと
私と話すといつも陰で笑われて
いたのも本当は全部知ってたよ

ごめんね
私がクラスに馴染めなかったばっかりに
自慢の彼女には最後までなれなかったまんまだな
いつも甘えてばっか
幸せな夢をみていたよ
「ゆうと」/Su凸ko D凹koi

 何故なら<ゆうと>は、学生時代の<私>にとって唯一の味方だったから。友達は一人もいなくて、変なあだ名も沢山つけられて、クラスに馴染めなくて、話しかけた人までバカにされてしまうような存在、それが<私>でした。それでも<ゆうと>はみんなに<いつも陰で笑われ>ながらも、たしかに<私>の恋人だったのです。そのことに<私>はいつも感謝と同時に、劣等感や申し訳なさを抱いていたであろうことがわかります。
 
 でも、彼女は<ごめんね>なんて謝っていますが、嫌々なら<ゆうと>は、そうまでして一緒にいないでしょう。本当に<私>のことが好きだったから、ちゃんと<ゆうと>にとっては<自慢の彼女>だったから、同じ<幸せな夢をみていた>から、ずっと味方で、恋人でい続けていたのではないでしょうか。もしかしたら、そんな<私>の劣等感と<ゆうと>の本音が通じ合わず、二人は別れることになってしまったのかもしれません。

ゆうと
自転車に乗って二人で帰ったあの道を
昨日たまたま仕事で通ったよ

ゆうと
二人でよく行ったファミレスは潰れ
なんか健康器具売るお店になってた

二人で帰ったあの道は今でも確かにある
でももう、あの頃のこと全部は思い出せなくなって
こうやって終わるんだね
嫌だなあ、全部覚えてたいよ

遠くへ行けなくてもよかった
お金なんかも車がなくても
お酒なんか飲めなくても
好きなことだけ出来なくても
あなたで心をいっぱいにしてた
「ゆうと」/Su凸ko D凹koi

 やがて月日は過ぎ、学生時代は終わり、今は社会人。そうやって<私>が変わったように、もう<二人でよく行ったファミレスは潰れ なんか健康器具売るお店になってた>ようです。だけど一方で<二人で帰ったあの道は今でも確かにある>ように<ゆうと>への変わらない気持ちもあります。大人になればいろいろできるようになるけど、それより、たとえ何がなくても、ただただ<あなたで心をいっぱいにしてた>あの頃が幸せだった。その過去への愛おしさが痛いくらいに伝わってきますね…。

ゆうと
今の貴方とどうにかなりたいわけじゃない
だからこの気持ちは伝わらなくていい
「ゆうと」/Su凸ko D凹koi

 しかし、歌の終盤。これまで<あなた>だった表記が、一箇所だけ<貴方>と綴られております。内心は<嫌だなあ、全部覚えてたいよ>と思っているし、まだ<ゆうと>が愛おしくてたまらない。でも、思い返すのはあくまで“あの頃”の<あなた>なのです。<今の貴方>ではない。いい加減、前に進まなきゃいけない。だからこそ、どこか距離を感じるような、漢字の<貴方>の表記で“さようなら”の決意を表しているのでしょう。

ゆうと
あなた卒業写真の私の顔をみて
今の彼女と笑っていてほしい

ゆうと
あなた私があげた時計なんか捨てて
今の彼女と手を繋いでいて
「ゆうと」/Su凸ko D凹koi

 歌はこうして幕を閉じてゆきます。冒頭に通じるラスト。きっと<私>は<ゆうと>がそんなことをする人間だなんて思ってないからこそ、このように歌っているのです。いっそ笑ってほしい、いっそ思い出も捨ててほしい、そして<私>といた時よりずっと幸せになってほしい。さようなら、ありがとう。そんな切なくもあたたかい心情が描かれているのが、このSu凸ko D凹koi「ゆうと」なのだと思います。是非、みなさんそれぞれの<ゆうと>を重ねながら、歌詞を読んでみてください…!

◆紹介曲「ゆうと」
作詞:おうむ・どい
作曲:おうむ・どい

◆1st Full Album『腐っても私』
2018年9月19日発売
DLCR-18091 ¥2,315+税

<収録曲>
01.ゆうと
02.サラバ、男達よ(選手宣誓)
03.ミステリーサークル
04.店長、私バイト辞めます。
05.満身創痍
06.元カノ地獄
07.神様のいない日(一人芝居)
08.陰気者
09.くず息子
10.メンヘラ
11.セックスレスピストルズ
12.ブス
13.MOMANAIDE
14.すっぱだカーニバル(サンバ)
15.全力裸ブリー
16.筋肉道場 ...BonusTrack