検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

鬼束ちひろ

踏み外す道さえも、ただ追い掛けて行きたい。

 2018年8月22日に“鬼束ちひろ”がニューシングル「ヒナギク」をリリースします。歌ネットではタイトル曲の歌詞先行公開中。さらにMVもYouTubeでショートver.、GYAO!でフルver.が解禁となりました。この歌は、荘厳さと絶望を醸し出す、愛と情念の哀歌(エレジー)です。歌詞の世界観を体現したMVでは、白いヒナギクに囲まれながら歌唱する彼女の美しさや、炎に包まれながら歌唱する後半のシーンが圧倒的…。

行きたい
踏み外す道さえも
ただ追い掛けて行きたい
触れれば
淡く舞う口づけも
ただ連れ去って行きたい

足りない情熱が
心に傷をと責め立てる
貴方は蝶になれぬ羽根
蛹の涙が落ちる
「ヒナギク」/鬼束ちひろ

 まず歌には冒頭から<行きたい>とひと言、溢れ出す欲望が表れております。たとえ<踏み外す道さえも ただ追い掛けて行きたい>という“一途”で純粋な気持ち。いっそ<ただ連れ去って行きたい>という抑えきれない“強引”な願い。どちらもが自分の胸の中で揺れているのでしょう。
 
 しかし<行きたい>想いが募ってゆくのは、共に行くことが叶い難いものだと痛いほど思い知っているから。愛しい<貴方は蝶になれぬ羽根>を持つ<蛹>で、身動きが取れずに泣いております。それなら<私>がもっと覚悟を決めなければ。叶わないのは<私>の<足りない情熱>のせい。もっともっと<心に傷を>受けなければ。そうやって自分を追い詰めて<貴方>への愛の炎はますます高く燃え上がってゆくのです。

風よ煽り立てるがままに
私を迷子にさせないで
一縷に覚める夢かのように
楽園に火をつけて
愛は今も燃え続くヒナギク
運命色の花びら
運命色の花びら
「ヒナギク」/鬼束ちひろ

雨よ語り果てるがままに
貴方を遠くへやらないで
言葉はまるで乾き立つ砂漠
その一途へ火をつけて
愛は今も燃え続くヒナギク
呪文に似た花びら
呪文に似た花びら
「ヒナギク」/鬼束ちひろ

 そして、その愛と情念の抑えがたい熱量が、もっとも強く伝わってくるのが、サビフレーズです。時に“風”が<煽り立てるがままに>迷子になりそうになり、進む道に惑う、自分へのもどかしさ。時に“雨”が<語り果てるがままに 貴方を遠くへ>やってしまいそうになり、脆い二人が壊れそうになる、現実への不安。もう<私>はそれらを焼き尽くしたくて<火をつけて>何もかも炎へ変えようとしているのではないでしょうか。

 でも、この炎は一見、全てを終わらせる絶望のようで、そうではなさそう。タイトルの「ヒナギク」とは【希望】という花言葉を持つ花。つまり<愛は今も燃え続くヒナギク>というフレーズは、今もまだ【希望】が燃え続けている証なのです。さらに<ヒナギク>は<運命色の花びら>であり<呪文に似た花びら>だと綴られております。それは<私>が“運命”を信じ、その希望を途絶えさせぬ“呪文”を唱えるかのように、胸の内に<ヒナギク>を燃やし続けていることを表しているようでもありますよね。

風よ煽り立てるがままに
私を迷子にさせないで
一縷に覚める夢かのように
楽園に火をつけて
愛は今も燃え続くヒナギク
運命色の花びら
運命色の花びら

呪文に似た花びら
呪文に似た花びら
「ヒナギク」/鬼束ちひろ

 ちなみに「ヒナギク」には他にも【純潔】や【平和】といった花言葉もございます。それは<私>と<貴方>の【純潔】な愛に通じるのかもしれませんし、もっと深読みすれば<私>が願う“ただ【平和】な日常を一緒に過ごしたい”という痛切な想いにも通じるのかもしれません。哀しくも美しく、儚くも激しい、鬼束ちひろ「ヒナギク」の世界を是非、歌詞でもMVでもご堪能ください…!

◆new single『ヒナギク』
2018年8月22日発売
通常盤 VICL-37430 ¥1200+税
初回限定盤 VIZL-1429 ¥1700+税
プレミアム・コレクターズ・エディション VIZL-1430 ¥2800+税

<収録曲>
1.ヒナギク
2.Twilight Dreams
3.帰り路をなくして(Live at Zepp Nagoya on May 1, 2017)
4.ラストメロディー(Live at Zepp Nagoya on May 1, 2017)
5.X(Live at Zepp Nagoya on May 1, 2017)