検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

indigo la End

一番下手になった時こそ本当に誰か好きになる

 2018年7月18日に“indigo la End”が4th Full Album『PULSATE』をリリースします。今作に収録されている新曲「蒼糸」は先行配信がスタート。併せて、歌詞も先行公開中です。さっそく今日のうたコラムでもご紹介。いつか結ばれる運命の二人は、見えない【赤い糸】で結ばれているという説は有名ですが、では【蒼糸】とは一体、どのようなものなのでしょうか。

羨むことばかり増えた
冷たい日常に
気持ちが落ち着かないよ
理論ばっか備えた
虫が鳴いてる
井の頭線に揺られて
偉くなった気がしなくもない夕暮れ時
恋したんだったよな
想い合ったんだよな
あなた
膨らんだストーリー
起承転結
3文字目半の糸
「蒼糸」/indigo la End

 まず、人は憂鬱な気分のことをブルーと言いますよね。この歌の<私>も、冒頭からまさに心は“蒼(あお)”です。幸せそうな人々が目に付いては<羨むことばかり増え>て、ザワザワする。それは<恋したんだったよな 想い合ったんだよな>と、過去形で噛み締めている<あなた>との恋のせい…。そして、二人がダメになった(もしくはダメになりそうな)原因や事実に想いをめぐらせ、いつも<理論ばっか>備えているのでしょう。

 だから、たとえば<井の頭線>で仲良しカップルを見かけても、自分は脳内に備えた<理論>によって冷静に心をなだめ、人として<偉くなった気がしなくもない>状態になっているのではないでしょうか。でもいくら理論を備えたって、自身は<あなた>との恋物語の<起承転結>の【結】を結べずにいるのです。いつまでも【結】という字の片割れ<3文字目半の糸>をユラユラ揺らしている。その糸こそが【蒼糸】です。

もらってばっか 太った恋に
擦れて減ったさよなら
その気ない弱いセリフ落っこちた
守ってあげる 救ってあげる
思ってたってどうしても
この恋には軽すぎたみたい
「蒼糸」/indigo la End

 もしも<3文字目半の糸>が【赤い糸】だったら、きっと二人はハッピーに結ばれていたはず。だけどこの恋を結ぶのは【蒼糸】なんですよね。【蒼糸】とは、どんなに想っていても結ばれない運命の糸なのか。本当は結ばれる運命なのに自らの弱さでサッドエンドに変えてしまう糸なのか。ただいずれにせよ、そんな糸では<太った恋>を保ち続けるのは不可能なのだと思います。

 また<私>は、自分の中の“重すぎる”想いが怖かったのかもしれません。いつも<あなた>からもらってばかりで、どんどん太ってゆく恋。温かい日常。幸せ。それが怖くて、試すかのように<その気ない弱いセリフ>=<さよなら>をこぼしてしまう。さらに<守ってあげる 救ってあげる>なんて言葉は“重すぎる”想いを、守ることも救うこともできない。ピッタリくる言葉なんてない。それほどに大切すぎる恋だったのです。

大なり小なり誰もが間違う
経験とともに恋が下手になる
一番下手になった時こそ
本当に誰か好きになる
幸せか普通かわからない
普通か不幸かもわからない
でも両方あなたがいるなら
糸は吉に絡まるから
「蒼糸」/indigo la End

 人は<経験とともに恋が下手になる>とは、よくわかる気がしますね…。そして<私>が<一番下手になった時>に、出会い本気で好きになったのが<あなた>です。ゆえに、時に大きな間違いをして、心とは違う言葉を吐いて、何が正解かわからない行動をして、互いを【蒼糸】で繋いでしまっていました。だけど、今や幸せでも普通でも不幸でも良いのです。<あなたがいるなら 糸は吉に絡まるから>。もうなんだっていいから<あなた>と“結”ばれていたい。そんな痛切な想いが伝わってきます。

もらってばっか
太った恋に
少しずつの好きだよ
打ち明け過ぎないセリフあなたに
守ってあげる
救ってあげる
思ってたってそれだけは
この恋にはまだいいみたい

蒼い蒼い私に新しい色を付けてくれた
あなたが好きよ
思ってもないさよならばっかごめんね
この恋には軽すぎたみたい
「蒼糸」/indigo la End

 さて、このように幕を閉じてゆく歌。ラストでは、大それた言葉は捨てて<少しずつの好きだよ>を<あなた>に打ち明けております。もしかしたら、この恋はまだ終わってないのかもしれません。歌の中で“糸の色”が、少しずつ変化していたのです。だからこそ最後に綴られているのが<蒼い蒼い私に新しい色を付けてくれた あなたが好きよ>という言葉と<思ってもないさよならばっかごめんね>という本音。
 
 二人は【蒼糸】を捨てて<新しい色>でまたこの恋を結び始めたのでしょうか…。聴けば聴くほどいろんな深読みができそうな、indigo la End「蒼糸」ですが、あなたはこの歌の<私>と<あなた>の<起承転結 3文字目半の糸>の続きに、どんなストーリーを描きますか…?