検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

西野カナ

あの日の私に伝えたらどんなに驚くだろうな。

女性にとってひとつの恋が
一遍の長編劇画だとしたら
男性にとってのそれは
四コマ漫画の集まりみたいなものではないか
(中略)
作中の世界像が全くちがっている。
(角田光代/穂村弘『異性』より引用)

 こちらは恋愛エッセイ『異性』に綴られていた言葉です。たとえば、恋人との初対面。男性の場合は、脳内で「出会い」というひとつの物語の起承転結が出来上がっております。そして、月日を重ねながら、その時々の【四コマ漫画】がいくつも生まれてゆくのでしょう。しかし女性は違うのです。彼女たちにとって「出会い」とは、長編ストーリーのなかで「今ココ」の“章”にたどり着くまでに欠かせない、始まりのワンシーン。

 それは「出会い」に限らず、あらゆる出来事に対して言えそうです。つまり女性は、全てが繋がっているということ。なおかつ、ふと「あのシーン」を思い出し、ページをさかのぼってみたりすることも多々アリ。ゆえに男性より鮮明に、その時々のシチュエーションや相手の言動、自分の抱いた感情まで【世界像】を細やかに覚えているのだと思います。さて、今日のうたコラムでは、そんな女性ならではのラブソングをご紹介!

正直最初はそうでもなかった
いい人だけどなんだかなぁ
そういう昔話をするたびに
キミはスネるけど

イケてない地味なファッション
卵みたいな丸い顔も
結局今ではたぶん
私の方が好きだと思う
「アイラブユー」/西野カナ

 この歌は、2018年4月18日に“西野カナ”がリリースしたデビュー10周年の第1弾シングルのタイトル曲。映画『となりの怪物くん』主題歌として書き下ろされました。ちなみに、映画のあらすじをチェックしてみると、ヒロイン(土屋太鳳)もお相手(菅田将暉)の第一印象は<正直最初は>…という気持ちだった模様。しかし、そこから徐々に徐々に心を通わせてゆく二人のストーリーが、まさに「アイラブユー」の歌詞に重なるのです。

 また「アイラブユー」の<私>もやはりこの恋を【一遍の長編劇画】としていることがわかりますね。まず歌の冒頭では「出会い」の章を思い出しているのです。彼女にとっては、大切な起承転結の“起”でしょう。初めて会ったときの<イケてない地味なファッション>や<卵みたいな丸い顔>が鮮明に浮かび、その時の<いい人だけどなんだかなぁ>という気持ちもしっかりと覚えております。ただ、一方の<キミ>は、そんな昔に終わった話をどうして今頃…。と感じて<スネる>のではないでしょうか。

あたりまえに
帰り道アイスクリームはんぶんこしたり
あたりまえに
今日も隣で笑ってるけど
「アイラブユー」/西野カナ

派手にこぼした Black Coffee
バカだなって笑ってくれる
ダメな時はちゃんと叱ってくれる存在

不思議だよね
言おうと思ったら先に言われたり
お見通しね
食べたい物も つらい時も
「アイラブユー」/西野カナ

 さらに「出会い」の章から始まったこの歌には、これまで二人が歩んできたいろんなシーンが綴られてゆきます。コーヒーを派手にこぼした瞬間。ちゃんと叱ってくれた瞬間。通じ合えているなと感じた瞬間。なんでも<お見通し>だなと思った瞬間。帰り道にアイスをはんぶんこした瞬間。隣で笑っている今日この瞬間。まるでページが次々とめくられているかのよう。そんなふうに一瞬一瞬を積み重ねながら<私>は<キミ>と、この恋物語を紡ぎあげてきたことがじんわり伝わってきますね。

やっぱり私はキミでよかった
キミをずっと好きでいてよかった
キミを知るたびに
気持ちが熱くなった
I love you あの時諦めずに
I love you 向き合ってくれて
本当にありがとう
今、ふと思った
「アイラブユー」/西野カナ

 そして、これまでのシーンを振り返る描写があったからこそ、サビの<やっぱり私はキミでよかった>というフレーズが際立ちます。この<やっぱり>という言葉には【変わらないこと】と【予想したとおりになったこと】二つの意味が込められているのでしょう。きっと<私>は何度も<キミでよかった>と感じてきた。そしてずっと<キミでよかった>と思い続けることが出来ると信じてきた。だからこその<やっぱり私はキミでよかった>なのです。

あの日の私に伝えたら
どんなに驚くだろうな
この人が運命の人だよって

やっぱり私はキミでよかった
キミをずっと好きでいてよかった
キミも今同じ気持ちだったらいいな
I love you いつも私の側で
I love you 笑っていてくれて
本当にありがとう
キミに出会えてよかった
「アイラブユー」/西野カナ

 この歌を聴くと、もしかしたら今そばにいる<いい人だけどなんだかなぁ>な誰かが<運命の人>なのかも…!?とワクワクした気持ちにもなりますね!すでに大切な人がいる方は、自分の【長編劇画】の様々なシーンを振り返りながら。まだ運命の人に出逢っていないという方は、恋物語の始まりのシーンを楽しみにしながら。西野カナ「アイラブユー」を聴いてみてください!