検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

Goose house

少女漫画のヒロインになんて絶対なれやしない君の隣じゃ、でも…。

結局、あなたが受け取る愛は
あなたが与える愛に等しい。
(ジョン・レノン)

人のためにしていることが、実はとても
自分のためになっているということがあるのよ。
(オノ・ヨーコ)

 こちらは、世界的に有名な夫婦“ジョン・レノン”と“オノ・ヨーコ”が、それぞれ残している名言です。言い回しは違えど、伝えようとしている芯の想いは通じている気がしますね。愛されることは愛すること。愛することは愛されること。愛する相手への言動は、愛される自分のためにもなっている。きっと二人はそんな気持ちで愛を育み続けたのでしょう。こうして同じ価値観を共有しながら生きてゆけることはとても理想的ですよねぇ…。

「恋愛はロマンスでできてて
情熱に溺れそうになって
痛いほど惹かれ合うものなの
ジョンとヨーコみたいに」
「ジョンとヨーコ」/Goose house

 さて、今日のうたコラムでは、まさにその素敵な夫婦の名前が登場する新曲をご紹介いたします!シンガー・ソングライター集団“Goose house”が、2018年4月11日にリリースしたニューアルバム『Flight』に収録されているラブソング「ジョンとヨーコ」です。主人公は“ロマンスに溢れていて、情熱に溺れそうで、痛いほど惹かれ合い続けるような恋愛”にうっとりしている女の子。そしてその憧れを恋人に語るのです。

そんなの理想だって 君はとなりで笑う
長年ふたりでいるとさ
無駄がどんどん省かれて
しまいには手も握らなくなって

恋なんて どこか物足りなくって
新鮮味なんて減っていって
ケンカばっか増えて
少女漫画のヒロインになんて
絶対なれやしない 君の隣じゃ
でも…
「ジョンとヨーコ」/Goose house

 しかし<君>はつれないご様子。たしかに、恋の寿命は3年と言いますし<そんなの理想だって>笑い飛ばす彼が正しいのかもしれません。ただ、それがたとえ理想だろうが、彼女はただ「そうだね、素敵だね」と共感してほしかったのでしょう。しかもどうやら、最近のふたりは長く一緒に月日を過ごしてきて<どこか物足りなくって 新鮮味なんて減っていって ケンカばっか増えて>いる若干のマンネリ期であるようです。

 だからこそ<ジョンとヨーコ>の話題を出すことで、付き合い始めのトキメキやドキドキを思い出してほしかった、ダラッとしてきた毎日に気づいてほしかった、そんな彼女の想いも伝わってきます。とはいえ、実際のところ<少女漫画のヒロインに>なることが必ずしも幸せではないんですよね…!そのことは彼女自身よくわかっているようです。ゆえに<でも…>と歌詞は続いてゆくのです。

漫画で泣く場所が一緒だとか
たまの柄にもないサプライズ
その全部がうれしくて
くやしいけれど 悪くないや
恋はそんなもんさ
「ジョンとヨーコ」/Goose house

通算2回目のバースデー
実に1ヶ月ぶりのデート
頑張ってヒールを履いたけど
君は気づきもしないね
通い慣れたカフェで いつものコーヒーを飲む
ふいに渡されたプレゼント
ずっと欲しかったイヤリング
照れながら買う顔が目に浮かぶ
「ジョンとヨーコ」/Goose house

料理をしながらふざけ合ったり
猫と川の字で昼寝をしたり
そんな時間がトクベツで
くやしいけれど 悪くないや
恋はそんなもんさ
「ジョンとヨーコ」/Goose house

 彼女が幸せを感じるのは、冒頭で語っていた「恋愛はロマンスでできてて 情熱に溺れそうになって 痛いほど惹かれ合うもの」という憧れとは異なる、ささやかな瞬間です。でも、その光景からは居心地の良いふたりの“生活”が見えてきますね。そして<漫画で泣く場所が一緒>だったり<料理をしながらふざけ合ったり 猫と川の字で昼寝をしたり>というふたりは、いろんな面で価値観が同じであるように感じられます。まさに<ジョンとヨーコみたい>に。

 また、ささやかな日常の中に<ふいに渡されたプレゼント>なんてサプライズがあるからこそ、より一層、喜びは増すのではないでしょうか。さらに<頑張ってヒールを履いた>彼女も、彼女が欲しがっていた<イヤリング 照れながら買う>彼も、お互いへの愛に溢れていますよね!もしかしたら、どちらも無意識のうちに、愛されることは愛すること、愛することは愛されること、という<ジョンとヨーコ>の名言のように、愛を育んでいるのかもしれません。

「ごめんね」の代わりの「ありがとう」や
「だいすき」の代わりのはにかむ笑顔
その全部が愛しくて
くやしいけれど 悪くないや
恋はそんなもんさ
「ジョンとヨーコ」/Goose house

 もう付き合ってから関係が長くなってきた恋人がいるあなた。是非、Goose house「ジョンとヨーコ」を聴いてみてください!ちなみに同じアルバムに収録されている「laugh」という楽曲は、この「ジョンとヨーコ」の“男性目線”アンサーソングとして想像してもおもしろいので、こちらも併せてチェックを♪

◆ニューアルバム『Flight』
2018年4月11日発売
初回生産限定盤  ¥3,300(税込)
通常盤 ¥2,900(税込)

<収録曲>
1.春の涙を
2.#記念写真
3.Bad Luck
4.無邪気な冒険心
5.地図にない道
6.スイングガール
7.ジョンとヨーコ
8.Laugh
9.何もかも有り余っている こんな時代も
10.繋ぐひと
11.笑顔の花