検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

ファンキー加藤

「ありがとう、さよなら」なんて、全部そんなの綺麗事だよ。

ものがたりはとっくに終わったのに
記憶といふ 始末におへない 脳の傷
(吉原幸子「再会」より引用)

 みなさんも、恋物語は終わってしまったのに、心だけは“あの人”に動かされ続けていることってありませんか? 一緒にいた日々を思い出しては、ひとり、哀しくなったり、寂しくなったり、恋しくなったり…。今日のうたコラムでは、まさにそんな【記憶という脳の傷】に苦しんでいる主人公を描いた新曲をご紹介いたします。2018年3月21日に“ファンキー加藤”がリリースするニューアルバム『今日の詩』に収録される新曲「失恋の詩」です。

Ah 花びら 舞い散る 桜並木を
確かに僕たち 歩いたんだ
今では夢みたい でも覚えてる 君の横顔だけは

黒髪は綺麗で 大きな瞳で
突然の涙が 忘れられなくて
「失恋の詩」/ファンキー加藤

 まず、冒頭から浮かんでくるのは、ピンク色に染まった桜並木を歩いている<僕たち>の姿。しかし残念ながら、この幸せそうな情景は“今”ではなく、主人公が何度もしているであろう“回想”です。また、桜ソングは、物語の内容によって描かれる花の姿が違いますよね。たとえば『開花前』『満開期』『見頃過ぎ』などなど。この歌の場合はおそらく、満開の盛りを終えて<花びら 舞い散る>頃の桜でしょう。

 そんな桜の姿は、愛のピークを過ぎ、散ってゆく二人の恋物語の象徴なのかもしれません。そして<僕たち>は、舞い散る花びらの中、終焉を迎えたのではないでしょうか。つまり冒頭の回想は、二人のラストシーンだということ。だからこそ、その時の<黒髪は綺麗で 大きな瞳で 突然の涙>を流した<君の横顔>をずーっと忘れられずにいるのです。その綺麗で哀しい記憶が深い傷になっているのです…。

Ah 一息 入れようと 出掛けた街には
君との記憶が笑っていて
思わず 早足 探してるんだ 息苦しくなるくらい

パンケーキほおばって カロリーを気にして
コーヒーはブラックで からかうと膨れて
「失恋の詩」/ファンキー加藤

 さらに、傷の痛みを紛らわしたくて<出掛けた街>には、むしろ傷を悪化させる<君との記憶が笑っていて>どうしようもありません。かつて二人で行ったカフェを見ただけでも<パンケーキほおばって カロリーを気にして コーヒーはブラックで からかうと膨れて>いた<君>の仕草から言葉まで、細やかに鮮やかに、再生されてしまう…。きっと日常生活の衣食住、あらゆるところに<君との記憶が笑っていて>心のかさぶたは何度でも剥がれてしまいます。

「幸せに過ごして」なんて そんな言葉も綺麗事だよ
会いたくて まだ会いたくて
キレイな思い出になる前に

いつか二人で見た
鮮やかな桜は とうに枯れているのに
君の名を呼んでる 僕のこの声は今でも ずっと

目を閉じれば いつも君がいて
でも目覚めると 君はいなくて
もう一度 抱き締めたいよ それ以外は 何も…
「失恋の詩」/ファンキー加藤

 もはや、歌詞のどこを切り取っても、ただ<君>のことが愛おしくて会いたくて仕方ない<僕>の気持ちが溢れていますよね。まだ<キレイな思い出>にしたくない。だけど<とうに枯れている>事実を見つめたくもない。こうして主人公の今とこれからは【記憶という脳の傷】によって侵されているんです。それゆえに<目を閉じれば いつも君がいて>という夢の方がずっと幸せに感じられるはず。逆に、朝<目覚めると 君はいなくて>という現実は、毎日毎日、起きるたびどれほどツライことでしょうか…。

 その<僕>にとって「幸せに過ごして」なんて言葉ほど、残酷なものはないと思います。想像できる「幸せ」は<君>無しで成り立つことはありえないのですから。<もう一度 抱き締めたいよ それ以外は 何も…>その願いが叶うことだけが<僕>の最大の「幸せ」なのです。

「ありがとう、さよなら」なんて
全部そんなの綺麗事だよ
会いたくて まだ会いたくて
心で叫ぶように願って

心で叫ぶように願って
「失恋の詩」/ファンキー加藤

 綺麗事なんていらないから、みっともなくても、女々しくても、「ありがとう、さよなら」なんて嫌だと叫びたい。会いたい、まだ会いたいと叫びたい。ラスト<心で叫ぶように願って>と2回繰り返されていることで一層、痛切な願いの強さが伝わってきます。そんなリアルで切ない心情が綴られているのが、ファンキー加藤「失恋の詩」です。

 最近、失恋してドン底から抜け出せないという方。昔、このような恋をしたことがあるという方。是非、自分の気持ちを歌詞に重ねながら聴いてみてください。ファンキー加藤の歌声が、あなたの“今日の心”に寄り添ってくれることでしょう…!

◆3rdアルバム「今日の詩」
2018年3月21日発売
初回限定盤 MUCD-8119/20 ¥4,000+税
通常盤 MUCD-1406 ¥3,000+税

<収録曲>
1.冷めた牛丼をほおばって
2.花
3.失恋の詩
4.風物詩
5.You are the Light
6.ダイジョウブルース
7.前へ ~My way~
8.おーい友よ
9.We can Dance
10.急性ラブコール中毒 Solo ver.
11.ラストナンバー