検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

FUKI

一人では完成しない未来地図のピースに今更、気付いた…。

イルミネーション
すれ違う恋人達
魔法にかかったような世界
外から眺める
「思い出になる前に -Silent Holy Night-」/FUKI

 本当なら今ごろ<魔法にかかったような世界>の“中”にいるはずだったのに…。クリスマスを迎える前に大切な人とお別れしてしまって、後悔を胸に抱きながら街の景色を<外から>眺めているという方。今日のうたコラムでは、そんなあなたにこそ届いてほしい新曲をご紹介いたします。2017年12月15日に“FUKI”がリリースした冬のラブソング「思い出になる前に -Silent Holy Night-」です。

苦手だった冬を
好きになれたのは君に
寄り添う理由が一つ増えたから

「幸せ」の意味すら解らずにいたけれど
そんな日々こそが「幸せ」だったんだね
戻れるなら その手を離さないよ
「思い出になる前に -Silent Holy Night-」/FUKI

 クリスマス直前に別れてしまうカップルは、非常に多いとよく聞きますよね。年末も近いため、新年を迎える前にマンネリな関係に区切りをつけたいと思ったり。特別な日に過ごしたい相手ではないと気づいてしまったり。特別な日でさえ一緒に過ごせない寂しさに耐えられなくなったり…。では、この歌の主人公はどうして<苦手だった冬を 好きになれた>ほど、寄り添っていたかった<君>の手を離してしまったのでしょうか。

 まず、その原因の一つは<「幸せ」の意味すら解らずにいた>こと。きっと“恋人として結ばれた”というハッピーエンドの、先に続く日々の「幸せ」に、いつからか気づかず過ごすようになっていたのです。相手の存在や平穏な「幸せ」があまりに当たり前になりすぎていて。そして、本来は「幸せ」を感じるべき心の余白を、代わりに塗りつぶしていったのが“不安”です。

いつからだろう…
素直になれずに何故?
疑う気持ばかりが募っていた

背の高いヒールも
いまは部屋にこぼれてる
背伸びをする理由はもうないから
「思い出になる前に -Silent Holy Night-」/FUKI

 不安とは、自信も<君>を信じる気持ちも侵してゆくもの。嫌われたくないから、嫌われると思ってしまうから、素直になれない。だから心にも<背の高いヒール>を履いて、いつもどこか無理をしている状態になっていたのだと思います。でも、その無理に比例して「愛されているのかな…」と<疑う気持ばかりが募って>ゆくようになって。おそらく相手もその気持ちが重荷になって…。結果、二人は“離れる”という選択をしてしまったのでしょう。

奇跡をみせて this silent holy night
一人では完成しない 未来地図のピースに
今更 気付いた

会いたくなるからこんな夜は君に
星空に奇跡を願う this silent holy night
降り積もるこの想いが 溶けて消えるその前に
今すぐ伝えたいんだ 今更気付いたんだ
I still love you…
「思い出になる前に -Silent Holy Night-」/FUKI

 しかし、主人公が一人になってみて気づいた、たくさんの大切なことは、歌詞から次々と伝わってきますよね。自分にとっての「幸せ」の意味。<君>という存在が<未来地図>に欠かせない重要な<ピース>であること。今すぐに会いたいこと。今も、愛していること。別れた相手に「もう一度やり直したい」と伝えるのはかなり勇気がいるでしょう。ただ、ある絵本には次のような言葉が綴られております。

雪は空の匂いをつれてくるから
地上にあるものをみな、少し軽くします。
(片山令子「雪の妖精」より引用)

 こちらは、作家・片山令子さんの絵本『チョコレートの妖精』の一文です。そして「思い出になる前に -Silent Holy Night-」は、想いも雪も降り積もる夜…。もしかしたら、絵本に綴られているように、空の匂いをつれた雪が、主人公の不安も、弱気な心も、大切な人の元へ向かう足取りも、軽くしてくれるのかもしれません。クリスマス前に別れて後悔しているというあなた。是非、この歌を聴きながら、本当の想いを、本当にしたいことを、自分の心に聞いてみてください…!