検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

片平里菜

そんなこと気にするタイプじゃないはずなのに悔しい。

愛してしまえば 裸になる
「愛のせい」/片平里菜

 鮮烈なフレーズが綴られた楽曲で幕を開けるのは、2017年12月20日に“片平里菜”がリリースするニューアルバム『愛のせい』です。現在、アルバムタイトル曲「愛のせい」と新曲「異例のひと」の歌詞先行公開中!さて、先日は「愛のせい」をご紹介しましたので、今日のうたコラムでは「異例のひと」に注目いたします。もうタイトルから惹かれ、一体どんな歌詞なのか気になりますよね…!

深夜2時頃 あなたの電話に起こされたから
相手してたら気付けば寝てる
おやすみもなく取り残されてる

まるでbaby 可愛いbaby
ゆるしてしまうの my sweet sweet heart
まるでcrazy わたしはstupid
甘えてたいの ねえ気付いてよ
「異例のひと」/片平里菜

 <わたし>の愛するひとは、おそらく【猫タイプ】な性格なのだと思います。気分で<深夜2時頃>に電話をしてきたくせに、おやすみもなしに<気付けば寝てる>マイペース加減です(ちなみに「異例のひと」のMVでもお相手役は【猫】の被り物をしております)。一方の<わたし>は<起こされ>て<取り残されて>きっといろんな面で日常生活のペースが乱されっぱなしであることでしょう。

 だけど、そんな<あなた>の何もかもを可愛いと感じて<ゆるしてしまう>わたし。自分でも<crazy(どうかしている)>と思うし<stupid(ばか)>だってわかっているけど、それでも<甘えてたいの ねえ気付いてよ>という健気な乙女心が溢れそう…。同時に、自分の気持ちを表現することが苦手で、素直になれない<わたし>もまた【猫タイプ】であることが伝わってきます。つまりこの曲では【猫タイプ】同士の二人が描かれているのです。

あなた 無意識に話してる昔の子が気になって辛い
わたしより何倍も綺麗で家庭的で優しい子
そんなこと気にするタイプじゃないはずなのに悔しい
異例のひと 異例のひと あなたのことよ
my sweet sweet heart, our love, your sweet honey..
「異例のひと」/片平里菜

 さらに【猫タイプ】人間の特徴として挙げられるのが【嫉妬深くないように見せているが、実はとても嫉妬深い】という点。だから<わたし>は<あなた>が<無意識に話してる昔の子が気になって辛い>し、その子が<何倍も綺麗で家庭的で優しい>こともモヤモヤする…。続く歌詞には<無意識に思い耽る横顔が気になって寂しい>という想いや<わたしより何倍も思い出重ねてるなんてずるい>という悔しさも綴られています。

 また、<わたし>は自分のことを<そんなこと気にするタイプじゃないはずなのに>と言っておりますが、多分そうではありません。思いっきり嫉妬してしまうのも、関係ないことを気にしてしまうのも、すべては「愛のせい」なのです。<愛してしまえば 裸になる>から、身も心もありのままになるから、実は今この<わたし>こそが、本当の<わたし>なのではないでしょうか。そうやって<わたし>を素にしてしまうから<あなた>は<異例のひと>なのです。

あなたの友達や家族にもまた会いたいわ
いい子にするわ
あなたの行ったことのないところへ行きたいわ
わくわくするわ
あなたの悩む時や孤独な時も聞きたいわ
そばにいたいわ
あなたの変なとこや馬鹿なとこも見てたいわ
可愛いんだから
「異例のひと」/片平里菜

 こんなふうに誰かに心を許しきっているのも<わたし>には<異例>であるのでしょう。そして、もしかしたら<あなた>にとっても<友達や家族に>会わせたり、<悩む時や孤独な時>に心を許したり、<変なとこや馬鹿なとこ>を曝け出したりできる<わたし>という存在は<異例のひと>であり得るような気がします。ちなみに、恋愛サイトによると【猫タイプ】同士のお付き合いは非常に相性が良いのだそう。それゆえに、これから「異例のひと」の<わたし>と<あなた>もますます上手くいくのではないでしょうか!
 
 今まで出会ったことがないタイプの「異例のひと」。わたし自身を“異例のひと(素のわたし)”にしてしまう「異例のひと」。タイトルからそんな二重の意味も伝わってくるラブソング。是非、あなたにとっての「異例のひと」を想像しながら聴いてみてください。

◆ニューアルバム『愛のせい』
2017年12月20日発売
PCCA-04605 ¥3000+税

<収録曲>
01.「愛のせい」
02.「子供時代」
03.「デイジー」
04.「lucy」
05.「異例のひと」
06.「山手通り」
07.「wash brain」
08.「なまえ -naked-」
09.「Howling wolf」
10.「結露」
11.「からっぽ」