検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

高橋優

どっかの誰かの不祥事を嘆くよりも、大切な人の幸せ祈れる?

 2017年11月22日に“高橋優”が、ニューシングル「ルポルタージュ」をリリース。表題曲は三浦春馬が主演の土曜ナイトドラマ『オトナ高校』主題歌として書き下ろされました。歌ネットでは歌詞先行公開中です!新曲のタイトル【ルポルタージュ】とは、フランス語で【取材記者が自ら現地に足を運んで、取材した内容をニュースとして報告すること】を意味する言葉。では、彼は音楽でどのような“今”のルポルタージュを届けてくれたのでしょうか。

「このストーリーはフィクションです。
実際の団体や人物と関係ないです」と
今日の失敗や腹立ったエピソードに
そういった言葉を貼り付けて眠る
「コマーシャル上の演出ですので
実際は飛びやしませんし爆発もしません」って
世界情勢の映像のどっかに
そんなユーモアの一つを探し求めたり
「ルポルタージュ」/高橋優

 アグレッシブなロックナンバーに、尖った歌声。そして冒頭では、異常なくらい神経質になっている現代の番組テロップを皮肉るようなフレーズが印象的ですね。しかし、ここで大切なのは「ルポルタージュ」は決して“攻撃するための歌”ではないということ。彼は<今日の失敗や腹立ったエピソードに そういった言葉を貼り付けて眠る>人や<世界情勢の映像のどっかに そんなユーモアの一つを探し求めたり>する人を否定したいのでしょうか。ダメ出ししたいのでしょうか。おそらく、そうではありません。

この世に産まれ落ちた意味を神に尋ねるよりも
その意味を作り出しながら生きていく

いま笑ってるかな?泣いているかな?
「ルポルタージュ」/高橋優

 そうやって皮肉な生き方しかできない人たちもいるということや、現実から目をそらさないと自分を保てないときだってあることを、まずありのままに報告しているのです。そして、そんな人間の弱くて脆い部分を知ったからこそ“この世に産まれ落ちた意味”は<作り出しながら生きていく>ものなのだという大切なことを私たちに伝えているのでしょう。さらに、誰かの弱さや逃げを否定するどころか、むしろ<いま笑ってるかな?泣いているかな?>と心に寄り添おうとしているのです。

「フラッシュの点滅にご注意下さい」の向こうで泣いて謝ってる
どっかの誰かの不祥事を嘆くよりも 大切な人の幸せ祈れる?

悪者に見立てて皆で指差し追い詰めている
そうやる人の心もまた追い詰められている

一人と一人 瞳と瞳
「ルポルタージュ」/高橋優

 この歌が誰かを“攻撃するための歌”ではないということは、歌詞の後半でさらによくわかります。不祥事を起こした誰か。その不祥事を嘆く誰か。指差す誰か。いろんな立場の人間がいて、いろんな醜い部分がさらけ出されているということは事実です。ただ、ここでも“否定”の言葉は登場せず、みんなが<追い詰められている>ような世の中に、そっと<大切な人の幸せ祈れる?>というあたたかい言葉だけが投げかけられるのです。ちなみに、高橋優は昨年のアルバムリリース時にインタビューで次のような言葉を語る場面がありました。

「アルバムに収録した「BEAUTIFUL」という曲で歌おうとしているのは、指を差している側も、指を差されている側も、出来るだけ“一人の人間として捉えたい”という思いなんですよね。なんか、テレビでニュースを見ているとき、単純に言うと悲しかったんです。芸能人と世間とか、そういう何かで括ったりするのって違うなぁというか。(中略)それぞれがただ“いち人間”として誰かと向き合ったら、簡単に『お前の人生は間違っている!』なんて責めたりしない気がするんですよ」(歌ネット 高橋優インタビューより引用)

 その想いはまさに「ルポルタージュ」にギュッと詰め込まれているような気がしませんか? だからこそ歌詞で彼は『お前の人生は間違っている!』なんて責めることはしないのです。まさに<一人と一人 瞳と瞳>で“いち人間”としてリスナーひとりひとりと向き合って生み出されたのがこの新曲なのでしょう。

誰もが皆 顔で笑い 心で泣いて 目に見えぬ血を流しながら
戦っている 戦っている 言い知れぬとても大きな存在に
汚されても 奪われても 触れられる愛を求めて
まだ大丈夫 まだ大丈夫 きっと何もかも間違いじゃないさ

人は醜い そして愛しい

歩き続けて春が過ぎて夏が過ぎて 僕らは大人になっていく
抗いながら 抗いながら 潰されそうな重圧に耐えながら
秋が過ぎて 冬が過ぎて ここで諦めてたまるかと
踏みとどまり 踏み出し続けて 大切な人の笑顔に会える日まで
君がいる限りこの世界は素晴らしい
「ルポルタージュ」/高橋優

 きっと何もかも間違いじゃない、君がいる限りこの世界は素晴らしい。それが「ルポルタージュ」が伝えている本当のメッセージです。是非、高橋優の激しく熱い歌声が放つその想いを全心でガシッと受け止めてください…!

◆ニューシングル 「ルポルタージュ」
2017年11月22日発売
通常盤 WPCL-12806 ¥1,200(税別)
期間生産限定盤 WPZL-31401 1,500(税別)

<収録曲>
1.ルポルタージュ
2.羅針盤
3.シーユーアゲイン ~ピアノバージョン~
4.ゴーグル/メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)