検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

CHIHIRO

こんな恋選んだのは私で、終わりを決めるのも私。

大好きでも大好きでも叶わない恋がある
追いかけても追いかけても届かない恋がある
こんな恋選んだのは私で
終わりを決めるのも私
「好きだけどサヨナラ」/CHIHIRO

 2017年10月18日に“CHIHIRO”のデビュー10周年を記念したベストアルバム『TEARS~BEST OF CHIHIRO~』と『HAPPY~BEST OF CHIHIRO~』が2枚同時リリース!今日のうたコラムでは、切な苦しい恋心が詰まっている“TEARS編”に収録の新曲「好きだけどサヨナラ」をご紹介いたします。彼女が自身のブログに「歌詞は時間をかけてじっくり作った曲。今までの作品を聞きながら、その主人公たちが見えるように書きました」と綴っていたこの歌。実は、歌詞中にこれまでの“CHIHIRO”楽曲タイトルがいくつも登場するんです。

好きだけどサヨナラ
好きだけどサヨナラ
好きだけどサヨナラ
もう Bye Bye そう Bad Bye
好きだけどサヨナラ
好きだけどサヨナラ
好きだけどサヨナラ
もう Bye Bye
「好きだけどサヨナラ」/CHIHIRO

 まず「好きだけどサヨナラ」の<私>は、まだ強い<好き>の気持ちを抱きながらも、絶対に叶わない届かないこの恋に、自ら終止符を打とうという決意を胸にしております。しかし<好きだけどサヨナラ>なんて哀しい選択をするのは、決して簡単なことではないですよね。いろんな感情や思い出が彼女の心に絡みつくのです。そして、その様々な“葛藤”の様子を教えてくれるのは、この新曲の歌詞に登場する過去の楽曲の主人公たち。さっそくサビにも<Bad Bye>というワードが…。

さよならって最後だって分かってる
君への想いは届かない
私が『YES』と言えば終わる
こんなの恋じゃないね
Bye-Bad-Bye
「Bye-Bad-Bye」/CHIHIRO

 「Bye-Bad-Bye」は、2010年にリリースされた楽曲。愛する<君>は、優しくしてくれても、抱きしめてくれても、結局は嘘ばかり。もはや<恋人ごっこ>でしかないダメダメな恋愛のなか、泣いてばかりの<Bad>な<私>から抜け出したいという心情が描かれております。それはおそらく「好きだけどサヨナラ」の主人公も同じ。ただ、別れる決断ができるまではずっと<私が『YES』と言えば終わる>ような脆さのなか、なんとか関係を繋ぎとめてきたのでしょう。さらに「好きだけどサヨナラ」は次のように続いてゆきます。

ずるいよ...あなたは
優しい言葉で
私を狂わせた
好きになっちゃいけない人

心RESETできなくて
あなた以上なんていなくて
やっぱり好きって振りだしに戻って
孤独が押し寄せてはLonely
それでも考えるのはOnly
一人CRY...
「好きだけどサヨナラ」/CHIHIRO

あの日のPhotograph
二人のSelfie
トキメキ連打した
過ごした時間嘘じゃないよね?

アイマイな二人の関係
ただのトモダチなんて嫌で
それでもその先進めなくて
温度が少しずつ変わって
返事も少しずつ遅くなって
一人CRY...
「好きだけどサヨナラ」/CHIHIRO

 なんとこのフレーズのなかには「ずるいよ...」「好きになっちゃいけない人」「RESET」「あなた以上」「やっぱり好き」「Lonely」「CRY」「Photpgraph」「アイマイな二人」「ただのトモダチ」と、10曲もタイトルが含まれております。いずれも、心の痛みを伴う“涙うた”です。私にはあなたしかいないけど、好きになっちゃいけない。もうリセットしたいのに、あなた以上に出会えない。100回諦めようとしたって、サヨナラしたくなくて、後悔ばかりで、忘れられない。でも一生、友達以上恋人未満の関係で、距離はこれ以上縮まない…。それが「好きだけどサヨナラ」の<私>の恋なのでしょう。

出逢ってから世界が変わって
瞬く間に心揺れて
何年ぶり恋する気持ち
運命だって舞い上がって
だけど会えば苦しくて
悲しい事の方が多くなって
バランスがとれなかった
泣いて泣いて泣いていた

サヨナラ Baby...
諦めると決めたの
サヨナラ Baby...
本当に終わるんだ
愛される恋を探さなきゃダメで
笑顔の私にもう戻りたい
「好きだけどサヨナラ」/CHIHIRO
 
 そして、終盤では「恋する気持ち」という曲タイトルが登場するのですが、この歌は唯一、恋をしているときの<一緒なら楽しくて 幸せでにやけちゃう これ以上ないくらい嬉しくなる>という至福感も溢れている楽曲。それは同時に「好きだけどサヨナラ」の恋にだって、そんな幸せな時間があったのだということを伝えています。たしかに、苦しみや悲しみばかりの今はもう<愛される恋を探さなきゃダメで 笑顔の私に>戻ったほうがいいのでしょう。だけど<出逢ってから世界が変わって>、<運命だって舞い上がって>しまうほどの恋ができたことは、きっと<私>にとって一生モノです。結果はどうあれ、この恋は無駄なんかじゃなかったのだと思います。

大好きでも大好きでも叶わない恋がある
追いかけても追いかけても届かない恋がある
終わりを始まりにするのも私
明日を変えるのも私
「好きだけどサヨナラ」/CHIHIRO

 歌のラスト、冒頭で<こんな恋選んだのは私で 終わりを決めるのも私>と綴られていた想いは、<終わりを始まりにするのも私 明日を変えるのも私>という前向きなベクトルへと変わっております。なんだか、今の<私>の心は強く光って見えるような気がしませんか…? 全身全心で<あなた>を愛し尽くしたからこそ、諦めても、失恋しても、終わりが美しいのでしょう。このように、新曲「好きだけどサヨナラ」には、恋する心の影も輝きも偽りなく描かれているんですね。

 ちゃんと幸せになるために、痛みを伴っても「好きだけどサヨナラ」という決断をする彼女が、どうか次はずっと<笑顔の私>でいられる人と出会えますように。また、同じような状況だという方に、この新曲が届きますように。そして是非、ベストアルバム収録曲の歌詞も改めて、じっくりと読んでみてください…!