Uta-net

言葉の達人

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
作詞家をはじめ、音楽プロデューサー、ミュージシャン、詩人、などなど【作詞】を行う“言葉の達人”たちが独自の作詞論・作詞術を語るこのコーナー。歌詞愛好家のあなたも、プロの作詞家を目指すあなたも、是非ご堪能あれ! 今回は、"いきものがかり"のリーダーであり、多くのアーティストへ楽曲提供もなさっている「水野良樹」さんをゲストにお迎え…!
水野良樹
代表作
「ありがとう」/いきものがかり
「YELL」/いきものがかり
「じょいふる」/いきものがかり
「風が吹いている」/いきものがかり
「帰りたくなったよ」/いきものがかり
作詞論
「無駄なことは書かない、聴く人が想像できる余白を残す」
歌詞なので、読まれるものである前に、歌われるものであり、聴かれるものであるという意識は大切にしているつもりです。歌詞は、文章としてみればたった数十行の短文です。そのなかで表現をしなくてはいけません。短い言葉数で多くのことを伝え、行間からも様々な想像をさせないといけないと思うので、無駄なことは書かない、聴く人が想像できる余白を残す、ということを気をつけていますが、これがなかなかに難しくて、いつもうまくできません。
水野良樹さんに伺いました
歌手
[ 横山だいすけ ]
タイトル
[さよならだよ、ミスター]
ちょうど息子が生まれたときに、だいすけお兄さんに歌をつくるチャンスを頂いて。子供を子供としてみるのではなく、やがて自立していくひとりの大人としてみて、あえて「ミスター」と語りかけています。自分の息子に対する願いと、同じように大切な誰かの自立を祈るひとたちの想いとの、ちょうどあいだくらいに歌を書けたかなと。だいすけお兄さんの歌が優しくて素晴らしいです。
SongWriter
1982年12月17日神奈川県出身。
1999年2月、小・中・高校と同じ学校に通っていた水野良樹と山下穂尊が、いきものがかりを結成。

1999年11月、同級生の妹、吉岡聖恵がいきものがかりの路上ライブに飛び入り参加したことがきっかけでいきものがかりに加入。

2006年メジャーデビュー。作詞作曲を担当した代表曲に「ありがとう」「YELL」「じょいふる」「風が吹いている」など。国内外を問わず、様々なアーティストに楽曲提供をする他、ラジオ・テレビ出演、雑誌・webでの連載執筆など幅広い活動を行っている。
INFORMATION
いきものがかり
配信シングル「WE DO」
2019年1月1日配信
いきものがかり
配信シングル「太陽」
2019年3月15日配信
いきものがかりメジャーデビュー記念日にちなんで2019年3月15日に、 新曲「太陽」の配信リリースをすることが決定!!

言葉の達人 一覧