Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

モノクローム

モノクローム

  • 歌手:
    オセロケッツ
  • 発売日:
    1999/11/03
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,575
 
夢を見てるように 軽く流れてく 時を惜しんで
誰もいないから 二人でいるのが とても映えるね
やがて暮れる 陽に追われて 家路急ぐ 人の群れを
遠ざけるために離れて 腰を下ろして

憧れて焦がれてた 震える肩 優しく撫でりゃ
さよならは ためらいが殺す
憧れて焦がれてた 許し合うのに
身を委ねてりゃ 腕時計 ため息が壊す

虹を見てるから カゲが薄れてく それがキレイで
言葉少なめに 二人でいるのは とてもダレるね
扉開けるので忘れた がらんどうの世界を今
遠ざけるために離れて 顔を閉ざして

憧れて焦がれてた 白い頬に くちびる寄せりゃ
さよならは ためらいが殺す
憧れて焦がれてた 隙間を埋めて 身を寄せあえりゃ
星空を ため息が染める

時計の針が 指し出しても 余計なものが 入り込んでも
さよならを もっと遠ざけて...

時計の針が 指し出しても 互いに 間違いであっても
さよならを もっと遠ざけて...