Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

サヨナラサンセット

サヨナラサンセット

  • 歌手:
    FREENOTE
  • 発売日:
    2009/09/16
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 3,742
 
線路沿いの街を流れてく電車が
きみを知らない街へさらっていく

練習していた 伝えたかった言葉も
何故か一つだって出てきやしない

きみの目にはどんなふうに映ってるの
用意されたような 寂しい夕暮れは

泣いてるようなサンセット
遠ざかるその影を
いつまでも見つめているのが
わからないように

とけていくサンセット
山の向こうに消えたら
振り返ったきみにはもう
僕が見えない

きみは今頃 ずっと遠い街角
知らない誰かときっと笑っている

思い出噛み締めているだけじゃ駄目だと
今は少し わかってきたんだ

泣いてるようなサンセット
遠ざかっていくきみを
忘れられないままでいるけど
変わりたいんだ

とけていくサンセット
山の向こう消えるたび
振り返った日々がずっと
遠くなってく

だんだんわかってったんだ
例えどこにいても
自分の力でそっと誰かを守れるように

さよならのサンセット
山の向こう消えるまで
旅立つ僕の背中
見送っていて