Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

16ブランコ

16ブランコ

  • 歌手:
    中山美穂
  • 発売日:
    1995/09/30
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,643
 
夏服の子供達 夕陽に包まれて
ためらいもなく 別れ告げる

飽きられたブランコが小さく揺れてる
振子止めるように つかまえてた

空は急ぎ足で 色を変えてく
嫌いな夜がまた 長くなったと

嘘つきだから 夜のせいで
永遠があると信じてた
胸を合わせ ささやかれた 心かな

大きく揺られながら ブランコの列車は
まぶたの裏側 星を巡る

あんなに愛してると 抱きしめたあの日に
ちゃんとサヨナラ たぶんできた

痛みけずるように かかとつけたら
嫌いな夜がまた 深くなったと

秋には秋の風が吹いて 導いてく心のままに
人を愛す喜びには かなわない

この悲しみも この夜さえも
季節ごとに変わってくから
嘘つきなのは 見ないふりした 心かな