検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

熱き想いをこめて

熱き想いをこめて

  • 歌手:
    吉田拓郎
  • 発売日:
    2006/04/05
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 12,339
 
窓から見える景色はいつもと変りなく
行きかう人や車が 何故か急ぎ足に見える
人それぞれの肩には 人生の重みが
夢多き若者には 青春の痛みが

ゆるやかな坂を一人の働き者が行く
帰り道なのか それとも旅立ちなのか
影を踏みながら 彼は ふと立ち止まり
私の姿に気づいて 生きてるよと笑った

どこで自由を手にすればいい
何を求めて歩いて行けばいい
あなたの悲しみよ 雲をつらぬいて
銀河の彼方へ 突きさされ

そこに居るのは何故かと問う人あれば
たしかめるためなんですよと ほほえむだけさ
誰かを愛し傷ついて 我にかえった時
おまえもそれで人間さと 木の葉が語りかける

若いから何かが出来るものでもなく
見果てぬ夢を追うほど 自分を燃やすのさ
人の心はそれでも弱くてもろいものだ
だからこうして今日も あなたに話しかけている

生きてる証が見つかったかい
去り行く時が何かをくれたかい
やさしい人々よ 孤独から解き放たれ
この世の果てまでも かけめぐれ

まぶたをとじて 想いをこめて
自分の心に叫んでごらん
生命のあるかぎり 自分を捨てるな
正直者達よ 可愛いウソをつけ

心のあるままに 足の向くままに
疲れ果てても旅はまだ続く