Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ファムファタール

ファムファタール

  • 歌手:
    北出菜奈
  • 発売日:
    2009/03/11
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 9,718
 
降り注ぐ
鏡のようだと思ってた
他人の視線は
私をはっきりさせたから

灰色の世界で
危ういのはこの存在で
喉を駆けあがる
災いが起きる寸前を生きてた

だから飛び込まなくちゃ
そして逃げ切らなくちゃいけない

誰かの胸に滑るとき
刺さる瞳は色めく私の在処
革命を感じた

荒れ散る程に魅せられて
引き返せない
私はまた身を任す

どうしても ねぇどうしても

虚しさも
湧かないよりかはまだましで
摩擦を手段に
私はゆっくり現実味さえ
帯びた気でいた

幻想という名の揺り籠で
お願い私にあなたが知ってる
私の事、話して

ひとの肌ってまるで
ホルマリン漬けの闇みたいなの

誰かの腕へ潜るたび
かたちを変えて煌めく私の星座
衝撃を覚えてる

虚構の海に
取り憑かれ取り憑くように
私はただ身を焦がす

何度でも さあ何度でも

誰かの胸に滑るとき
刺さる瞳は色めく私の在処
革命を感じた

荒れ散る程に魅せられて
引き返せない
私はまた身を任す

どうしても どうして

誰かの腕へ潜るたび
かたちを変えて煌めく私の星座
衝撃を覚えてる

虚構の海に
取り憑かれ取り憑くように
私はただ身を焦がす

何度でも さあ何度でも