Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

君のいない左側

君のいない左側

  • 歌手:
    紘毅
  • 発売日:
    2009/02/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,664
 
毎日同じ人混みの中 歩いて走ってもうイヤになる
君といた日々を想い出して ふと見上げた空がまぶしくて
ほらまた一粒こぼれ落ちた

夏は青 秋はオレンジ 君と眺めていた
そんな季節がいくつか過ぎて いつの間にか僕は ヒトリボッチ
失って初めて気づく なんて聞いてたけど
“大切さ”なんかどこにもなくて 後悔と孤独と ヒトリボッチ

昨日を振り返り ミス取り返し 明日は繰り返し カレンダーをめくる
夢の中だけ君に逢えるのに カーテンの隙間から また朝が来た

空が澄んで雲が遊んで キレイでキレイで仕方なかった
君なしの僕に春は来なくて 寂しい左側まだ探してる

毎日同じ人混みの中 歩いて走ってもうイヤになる
君といた日々を想い出して ふと見上げた空がまぶしくて
ほらまた一粒こぼれ落ちた

くだらない事でじゃれ合って 当たり前の日々でも
それだけで なんだか楽しかった あの頃はいつも フタリボッチ
泣き止んだ雲が流れてく ほら虹がかかった
涙で濡れた道乾かすように 自由な空だって ヒトリボッチ

止まない雨は無く 陽はまた昇り 枯れた草木も すぐに花に変わる
運命ならばいつか逢えるよね 作りすぎた想い出の場所を歩いた

闇の中を☆が滑った キレイでキレイで仕方なかった
君が好きな歌が聴こえてた 高鳴る胸の奥 けどすぐタメ息に変わる
空が澄んで雲が遊んで キレイでキレイで仕方なかった
君なしの僕に春は来なくて 寂しい左側まだ探してる

毎日同じ人混みの中 歩いて走ってもうイヤになる
君といた日々を想い出して ふと見上げた空がまぶしくて
手をかざして名前呼んだ
声にならなくて あぁ悔しくて
ほらまた一粒にぼれ落ちた