Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

砂の城

砂の城

  • 歌手:
    加藤和樹
  • 発売日:
    2008/01/23
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 9,640
 
青い青い世界で 呼吸をかみ締めていたい
深い深いこの海 心は貝殻になった

泣いて泣いてみようか
砂浜に消えた思い出と共に

この夏が終わる頃 君の香りと記憶は消えるかな
それじゃなきゃ僕はこのまま 置き去りの砂の城
波うち際から聞こえる 君の笑い声が
僕の頭をまた惑わせる

ラムネのビンと空き缶が 夏の終わり告げている
残された僕は一人 赤く染まる地平線を
ただ眺めて黄昏ている

紫色のストール巻いて 小さ目Tシャツで
長い髪を束ねて ジーンズの上スカートはいて

はしゃいでいる僕の横
日焼けを気にして 日傘をさして

唇の光るグロスには 色彩の無い透明さで
あどけなさ残る顔にはどこか不似合いだけど
不思議なほど僕を 虜にして離さない
僕の頭でまだ離れない

泣いて泣き疲れたら
忘れられるはずと 思ってたのに

この夏が終わる頃 君の香りと記憶は消えるかな
それじゃなきゃ僕はこのまま 置き去りの砂の城
波うち際から聞こえる 君の笑い声が
僕の頭をまた惑わせる
ラムネのビンと空き缶が 夏の終わり告げている
残された僕は一人 赤く染まる地平線を
ただ眺めて黄昏ている