検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

さよならを過ぎて

さよならを過ぎて

  • 歌手:
    酒井法子
  • 発売日:
    1990/03/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 14,101
 
突然のスコールが いちめんに駆け抜けた
あなたが かすんで 渚を探したわ
雨雲は太陽と あなたまで連れ去ると
その時 不安な 予感がはじけてた

たそがれの キスの角度 波にかかと
泳いでた 愛もゆらぎつつ

悩んだ末 悩んだ末 あなたは言葉を
選びあぐね 日差しの中 うつむいただけで
うなずくまで うなずくまで 私の覚悟は
揺れる海に もまれるよう
さよならの 文字に押されてた

秋は夏をやさしく 殺しに来るスパイと
誰かが 言ってた つらいたとえばなし
けれど今おだやかに 雲の色眺めてる
ミクロに 思い出 空へと消えてゆく

これでいい 言い聞かせて 心にまだ
スコールが 時折降り出す

晴れていくと 晴れていくと 季節に願って
涙がふと 落ちてくるの たそがれが憎い
あなただって あなただって 大きな覚悟を
選んだのね さみしい目で
うつむいた あの夏の終り

ほんの二度 電話のベル 長いコール
わかってる だけどとどめだわ

悩んだ末 悩んだ末 私もさよなら
選んだのよ だから今は 秋に負けないで
あなただって あなただって 大きな勇気で
選んだのね さみしい目で
うつむいた あの夏の終り