Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

絶対温度

絶対温度

  • 歌手:
    島谷ひとみ
  • 発売日:
    2001/06/27
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 9,285
 
頭はナゼ またきみの記憶だけを消そうとして無理をしたがるの
体はナゼ きみのぬくもりだけすぐに消そうとして誰か求めるの

きみへの想いはまだ生きている この胸の中に鮮やか
ただ楽しくてただ過ごしてた それだけじゃ それだけじゃなかった日々

どんな痛みも抱きしめられたら この愛を誇れると信じてるから
だからひとりで 今はつらくても 逃げたくない 見つめてたい
いま ひどい孤独を きみと別れたことを
きっと かかえられるようになるまで…

きみはどこでいまなにしてるの ひとり凍える夜 電話したくなる
きみの笑顔いつか忘れてくの ずっと大事にしたぬいぐるみのように

もうこれ以上の悲しみはない いちばん大切だったよ
ただまっすぐに見つめたことを いまはまだ過去になど出来ないけど

どんな痛みも抱きしめられたら ひとりでも歩けると信じたいから
この太陽のあたらない宇宙を 彷徨って 彷徨って
いま ひどい寒さを きみと生きてたことを
ひとり かかえられるようになるまで…

よろこびだって 震える 涙だって
いつもふたりそばにいたから分け合えた

いまも想いはまだ生きている この胸の中に鮮やか
ただ楽しくてただ過ごしてた それだけじゃ それだけじゃなかった日々

どんな痛みも抱きしめられたら この愛を誇れると信じてるから
だからひとりで 今はつらくても 逃げたくない 見つめてたい
いま ひどい孤独を きみと別れたことを
ちゃんと かかえてゆく強さがほしい…

痛みさえ抱きしめられたら ひとりでも歩けると信じたいから
この太陽のあたらない宇宙を 彷徨って 彷徨って
いま 過ぎた季節を きみと生きてたことを
ひとり 見つめられるようになるまで…
かかえられるようになるまで…