検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

冬美

冬美

  • 歌手:
    ORANGE RANGE
  • 発売日:
    2008/07/09
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 17,326
 
枯れ葉も消えた街路樹を歩く
ネオンが少し寒さ まぎらわす午後
すれ達う恋人達 無意識に避けて早まる足
吐息が白く染まる この季節「孤独」に寒さがたたみかける
逃げ出したいよ 壊れちゃいそう…
今にも 心が奪われそう

サヨナラ なんて決して言わない
アリガトウ なんてなおさら言いたくない
狂おしいほど想っているのに 行かないで Ah

吐息で 霜焼け 温めながら 空を見つめる 粉雪舞い散る
夜空の大きなスクリーンに映る あなたはなぜいつも後ろ姿
ねえ こっちを向いて

ユラユラ落ちる雪が 無邪気に踊っているよ
寒さに耐える灯火 どこか私に似ているようで

やがて冬が終わり 春がきて ズシズシと沈む不安定な道の下に
君と僕の足跡が二つ並んで笑ってたらいいな

冷たい風に 乗せる想い
こんな寒さじゃ きっと届かない
むなしさに心かきまわされる夜……Ah…

吐息で 霜焼け 温めながら 空を見つめる 無表情な夜が
またボクを1人ぼっちにさせる ぼんやり見えた春は後ろ姿
ねえ こっちを向いて