Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

吉田町の唄

吉田町の唄

  • 歌手:
    吉田拓郎
  • 発売日:
    2009/04/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 21,684
 
昔 その人は 赤児を抱いて いつか故郷を拓けと願い
「父を越えて行け」と 名前を さずけた
母は影のように たたずみながら すこやかであれと 涙を流す
のびやかに しなやかに 育てよ 子供
やがて 大地 踏みしめ 太陽になれ

祖母に手をひかれ 海辺を歩く はるか遠い国へ 胸をおどらせ
風がほほを過ぎて 7才の夏の日
姉の唄う声は 小鳥のようで 心ときめいて 足を はやめる
のびやかに しなやかに 育てよ 子供
やがて 大地 踏みしめ 太陽になれ

兄の進む道は たくましそうで あこがれのように まぶしく写る
「強くなれたらいい」12才の秋の日

友と汗をふき 山に登れば たぎる想いゆれて 命とおとし
時は川の流れ 19才の冬の日
あの日その人は やさしく笑い 母の手をにぎり 旅に出かけた
おだやかに やすらかに 眠れと いのる
やがて 雪を とかして せせらぎになれ

いくど春が来て あの日をたどる この名も故郷も静かに生きる
雲が空に浮かび 人の顔になる
昔その人が 愛した場所に 若い緑たちが 芽をふきはじめ
のびやかに しなやかに 育てよ 子供
やがて 大地 踏みしめ 太陽になれ

のびやかに しなやかに 育てよ 子供
やがて 大地 踏みしめ 太陽になれ