検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

真冬の蝉

真冬の蝉

  • 歌手:
    LAST ALLIANCE
  • 発売日:
    2007/11/28
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,016
 
黒ずんだ桜の花びらに 閉じ込めた一枚の写真
都会の海で生まれて落とされた 濁る笑みと黒い嘘
用済みの枯れ落ち葉たちと 温室に吹く冷たい息
そして訪れた必然の死が 僕の心に残った

路上に散らばった 誰にでも起こりえる罠
無機質なガラス破片 表情変えず突き刺す

今日も隣町のどこかで 捌け口は新たに生まれ
翼のない小鳥の列が 絶望の屋上へと続く

新緑のつぼみは春と 戯れて高らかに笑う
向日葵の揺れる丘には 何食わぬ顔の加害者

自責の海底 もがくあなたに罪はないのに
時経ち幾度の四季を越えても鳴き止まない

今日も隣町のどこかで 捌け口に新たに生まれ
また一つ増える蝉の声 嘆きの蝉時雨が降る

人知れず覚悟して 桜見ずあの子は消えた
か細い悲鳴は黙殺されて消えた

真冬に降る蝉時雨 屋上の足跡濡らす
悲劇は決してなくならない
それは変えられない摂理

今日も隣町のどこかで 捌け口は新たに生まれ
また一つ失った命に 嘆きの蝉時雨が降る