Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

霧−ミスト−

霧−ミスト−

  • 歌手:
    さだまさし
  • 発売日:
    2007/09/12
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 5,338
 
人は多分 深い霧の道の途中で 巡り会うのだろう
道に迷った二人が導かれるように出会うものらしい
わたしは霧の中で出会った瞬間にあなたを愛してた
人生にはどうやらそんな不思議なことがあるものらしい
去年あなたから贈られた 深紫の胡蝶蘭
二度目の花盛り今年は あなたの窓辺に飾ろう
幾千の昼と夜を 長い坂を 歩いてきた
辛い時も 悲しみにも 笑いながら過ごしたから
あなたを愛して生きてきたのだもの

人は多分 もう一度深い霧に迷う時が来るのだろう
そしてその時には二度と戻れないと 心で解ってた
今あなたはたった独り 深い霧の道を歩き始めた
わたしを残して不安そうに歩くあなたの背中が痛い
ずっと大切にしていた あなたの手紙読み返した
二度目の花盛りこれから あなたと もう一度恋をしよう
大丈夫 もしあなたが わたしのこと 忘れても
決してわたしは 見失わない きっとあなたの側にいるから
あなたを愛して生きてきたのだもの

人はおそらく深い霧の道の途中で 巡り会うのだろう
わたしは霧の中で出会った瞬間にあなたを愛してた