Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ふたば

ふたば

  • 歌手:
    Soul Camp
  • 発売日:
    2008/03/05
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,282
 
僕を誰も振り返ることはなく 誰も褒めてくれる者もいなく
影を求めて来る人に踏まれ蹴られ散々な日もある
存在すら無いようなモンで 気付いてくれる人も居なくて
そんな僕にも願いはあって たまに空に一人でぼやいてる
時には太陽(太陽)浴びたいの(たいの)少しの間でいい
僕にも愛を(愛を)無いの?(無いの?)ほんの少しでいい
優しい日差しの午後には 天に向かって両手かざした
大きな木の下でほんのわずかな木漏れ日を待って

この日も僕には日の光りは差さずに ずっと遠くで
憧れ抱いた花たちが風に揺れる
僕はゆっくり根を伸ばすよ 時来るまで
精一杯葉を広げて 何度でも立ち上がって 光に向かって

真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らはゆっくり伸びてく
それぞれに それぞれに 形は違うけれど
同じ風に吹かれながら 空見上げ願う いつも
真っ直ぐに 真っ直ぐに 僕らは根をはり生きてく
踏まれても 踏まれても 光差す方へ
どんな日もあきらめず きらめく陽だまりを想う
木陰に僕は強く生きるだろう 光りを浴びるその日まで

そう辛い日々でもいつでも”土”は僕の味方になって
もう無理だよなんて弱音吐くと下で『頑張んなよ!』って
このちっぽけな僕でもちゃんと愛されてんだ
これからは何も無いなんていわない周りと違ったって

そうさ僕は一人じゃない 隣の木の木陰で
同じように光へ向かう 仲間を知る
今日もゆっくり根を伸ばそう 時来るまで
精一杯葉を広げて 何度でも立ち上がって 僕は僕らしく