Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

チュピタンサスの木

チュピタンサスの木

  • 歌手:
    平松愛理
  • 発売日:
    1992/09/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,352
 
忘れるわけはないわ その声
鼓動に痛い刻みが走った
一体誰よ こんな夜中にって
名前を言うまでは プライド譲れない
こんな瞬間がくる 信じて信じてた
夜更け鳴らない電話 抱きしめた日々
ひとつ季節過ぎて そしてあなたは
彼女のもとへ帰っていったの
もう遅すぎるのよ 遅すぎるのよ
会いたいよと 今言っても
すぐ飛んでいきたい 飛んでいきたい
でもあの頃の心もう一度 あり得ないよ

二人で買ったチュピタンサスの木
先に部屋へ持ち帰った私は
大きすぎる枝を こっそり切って
「丁度ね」なんて言って 手のハサミかくした
あの日の嘘は 幸福のため
今日 私は自分の為に嘘をつく
会えば死が二人を分かつときまで
二度と別れ耐えられないから
もう恋人がいる 恋人がいる
見抜いてても 黙っていて
どんな恋をしても 恋をするたび
あなたと比べている私を終わらせたい

もう遅すぎるのよ 遅すぎるのよ
会いたいよと 今言っても
すぐ飛んでいきたい 飛んでいきたい
でもあの頃の心もう一度 あり得ないよ