Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ジムノペディック

ジムノペディック

  • 歌手:
    藍坊主
  • 発売日:
    2006/04/26
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 45,784
 
だから、僕が君に言いたいのは、
空き缶をつぶすように
伸びた爪をパチパチ切るように、
喋らないでくれってこと

コーヒーの湯気は幸せそうに、
くるくる踊ってるし
サティのピアノ曲も静かに、
優しく響いてるんだ

アルミホイールを噛んだ味がしそうな火曜日
ジムノペディはゆっくり水をかけてく

この世界がふやけてしまうその前に、
笑ってくれよ
そしたら僕は骨がバラバラになるくらい
風に吹かれて
もう一度君に会いにくるから

魚が空を羽ばたいてたら、
随分ましなんだけどな
何かふふっと笑ってから全部、
許せてしまいそうだろ

あいにく空は綺麗な曇り一つない蒼で
魚達は干からびて見当たらない

この世界がひび割れてしまわないように、
笑ってくれよ
そしたら僕は脚が外れてしまうくらい
雪に降られて
もう一度君に会いにくるから

水曜日の朝に君は、ピカデリーを聴いていた
柔らかな陽射しがそっと肩に落ちる

窓の向こうにひとすじの雲が伸びている、
その先を見て
僕は思わず君を大声で呼んでいた
その輝きを
じっと、じっと、消えるまで眺めていた