検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

春色のカーブ

春色のカーブ

  • 歌手:
    近藤名奈
  • 発売日:
    1994/03/03
この曲の表示回数 5,656
 
肩からかけてくれた白いセ-タ-
大きすぎたけど 優しかったよ
まるで雲の切れ間から 指し出したように
あなたの言葉はそっと光をくれるよね いつも

風が踊っているのは 動き始めた季節のせい?
あの雲が移って行くのは 騒ぎ始めた予感のせい?
少しずつ一つずつ 春色のカ-ブ

一面 草野球の音がはじけて
両手を叩いて 応援してた
二人並んで座った川沿いの道は
ゆるやかに曲がりながら遠くまで続いているね

街が染まってゆくのは 広がりだした明日のせい?
あの空が歌っているのは 回り始めた時間のせい?
二人きり見つめてる 春色のカ-ブ

胸が弾んでいるのは 今 側にる心のせい?
何となくはしゃいでいるのは 芽生え始めた鼓動のせい?
二人きり揺られてる 春色のカ-ブ

風が踊っているのは 動き始めた季節のせい?
あの雲が移って行くのは 騒ぎ始めた予感のせい?
少しずつ一つずつ 春色のカ-ブ