Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

靴

  • 歌手:
    紗希
  • 発売日:
    2007/02/14
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 5,979
 
日が暮れるのが早くなって
ヘッドライトが街を泳いで
何度も照らされる思い出が
ふっと 夕闇の上 浮かんでいく

片っぽの小さな靴 落ちている高架下
くぐり抜けていく帰り道
秋が深さを増すほどに
一人 懐かしさに 溺れていく

乾ききらないシャツにばかり
仕方なく袖を通す日々
悲しいほど 熟れ過ぎた 後悔の実に汚されてる
手を離した日に見送った 飛行機雲のように
美しいまま 薄れてくれるなら
どんなに楽に夜を跨げるだろう

一人きり 迷い道 二人きりに戻りたい
特別かっこいい 靴じゃなくていい

肩の力が戻りさえすれば
また、ほんの少しの望みを抱えて朝を迎えられる
感傷的な景色、だけが罪

明日の風に身を漂わせても
一番会いたいと願う人は 違う空の下。
もう二度と 同じ匂いには触れられない
どこで暮らしているかも知っているし
道ばたですれ違うことも きっとあるでしょう

だけどただ一つ 足りないもの
それは、おそろいの気持ち

一人きり 悪くない 二人きりを忘れない
中途半端は脱ぎ捨てて 裸足で歩こう

もう片一方の靴 見つけてあげてよ
どこかで泣いているあの子に

夕日はもうすっかり落ちて
星がうっすらと瞬いて
思い出を静かに眠らすように
「おやすみなさい」と囁いた