Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

雪にのせて

雪にのせて

  • 歌手:
    伊沢麻未
  • 発売日:
    2007/01/24
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,203
 
陽が沈んだ後の改札口に一人
ぼんやりと立ち止まる
帰りを急ぐ人混みの中で独り
時が止まっているようで

ふと見上げた高い高い空に瞳を奪われる
やわらかい風と光に包まれて
真っ白な雪が舞い降りたから

白く広がる小さなため息
かじかむ指先に吹きかけながら
あなたを思う それだけで
胸が熱くなるような気がして
たとえ今はどんなに離れていても
決して変わらぬこの想い

一年ぶりのコート ポケットの中に
半分に折れた紙切れ
二人で出かけた映画のチケット
蘇る記憶のかけら

遅れてきたあなた連れて
一番前に座った
隣の席で眠そうにしてたけど
それでもすごく嬉しかった

どこまでも続くアスファルトの上に
降り積もる雪をじっと見つめながら
あなたを思う それだけで
強くなれるような気がしたから
今は上手く言葉にできないけれど
誰よりも強いこの想い

瞬き何度も何度も繰り返した
溢れる涙 零さぬように
滲んだ街の光に
浮かんだあなたの面影
あの日と同じ雪にのせて

白く広がる小さなため息
かじかむ指先に吹きかけながら
あなたを思う それだけで
胸が熱くなるような気がして

あなたの好きな冬のこの街は
今年も綺麗に輝いているわ
会えない寂しさに負けそうな日は
こうしてこの歌を歌ってみるの
あなたに捧ぐ どんなに離れていても
決して変わらぬこの想い