Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

春咲センチメンタル

春咲センチメンタル

  • 歌手:
    Plastic Tree
  • 発売日:
    2004/03/10
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 37,232
 
拝啓 君は元気ですか?
初めて手紙なんか書きます
僕はなんとなく元気です
独りにも少し慣れました
帰り道、 夜の公園が
満開の櫻だったんで、
君の事を想ったりしてます
まっ黒い空にうかんで
櫻はあえいでいるようです
世界の微熱があがるから
景色が歪んで見えてきます
それが恋のせいなら、
きっと、いつか僕らは虫の息
最期の蕾がひらいていきます

ハロー ハロー 聞こえますか?
僕は僕でいれますか?
祈る手に花びらです 君に触れたようです
あざやかな色で 音をたてて櫻が咲く
君の声を追いかけてく
こぼれてくる恋のカケラ
見上げたなら、花降る春

あったかい風が吹いてきます
もうすぐ春の嵐が来ます
狂ったように咲いてるけど
いずれは散りゆく運命です
それが恋にもよく似ていて
いつかの僕らにそっくりで
思い出し笑いしてしまいます

ハロー ハロー どこですか?
僕に何ができますか?
探す手に花びらです 君に触れたようです
あざやかな色で 音をたてて櫻が咲く
繋いだ手が離れていく
こぼれてくる千の願い
見上げたなら、花降る春

舞い散る櫻で君の顔が見えなくなる
淡い夢が覚めてくから、こぼれるのは涙で-
あざやかな色で音をたてて櫻が咲く
大切だったものは全部、
この木の下に埋めていくよ
目の前には、別れる春
見上げたなら、花降る春
僕の上に 僕の上に そっと-