Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

独り

独り

  • 歌手:
    angela
  • 発売日:
    2006/12/06
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,457
 
扉開けた瞬間に 残り香漂った
あの娘がほんのさっきまで居たのが手にとるよう
あたしは知らん顔で ベッドに腰掛けて
「タランティーノ見る?」なんて言う あなたにつきあってる

散々見てきて触って知ってる
段々どうしていいのかわからなくなってる

世知辛いこの世の中に 縋れるモノがあるなら
抱きしめ合いたいの 報われない恋でも
あたしだけを見てなんて 言ったら嫌われそうで
いわゆるマスカレード 煙草であの娘の匂い掻き消した

「おまえが一番」だとか「好きだ」「愛している」
聞き飽きているようで ちっとも聞き飽きてない

淡々と過ぎ行く関係は 裏腹
矛盾 無関心のドレス脱ぎ去った時に

全てを忘れられると 細胞レベルでモノ言う
一つになりたいの 救いようの無い愛でも
目を閉じて踊ればほら この世の終わりが来ても
後悔なんてしない なのに時計ばかり見るあなた

扉閉めた瞬間に 体震えだした
此処には二度と来ない 何度も言い聞かせた
終電はもう無いし 帰っても独りだし
こんな時間じゃ誰にも連絡出来ないし あたしは独りきり