検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

浪花物語

浪花物語

  • 歌手:
    五木ひろし・中村美律子
  • 発売日:
    1994/04/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 19,238
 
河内木綿の 暖簾の角を
仇みたいに 握りしめ
肩をふるわせ なぜ背を向ける
もとの他人に 戻ろやなんて
言わんといてや 言わんといてや
泣かさんといて

「どこぞに好え男おったら一緒になってくれ!!」
阿呆臭さ。そんな男はんがいはったら、
とうにそっちに行ってます。
逢うたが因果のうちとあんた、
行くとこまで行かな、しゃあないやないの
そうか。そら気が楽や。
覚悟してついてきてくれるか? おおきに…。

義理に背いて 駆け出す巷に
遠慮しいしい 舞う小雪
まるで二人の 身の上みたい
遅れ勝ちでも 花咲く春が
きっと来るから きっと来るから
待とうやないか

もう何もいわん。つれそうて一生詰まらん
五合徳利みたいに言われたら、かっこ悪いしな。
ま、せいぜいきばらして貰いまっせ。
あぁ、うれしいこっちゃ。あてにしてあてにならん
お人やさかいに、大きい夢みんようにして、ついて
行かして貰います。なァ、あんた。

ねんねころいち “天満の市”が
水面騒がす なさけ船
宵にまぎれて 何処まで行きゃる
あんた頼りゃ
お前が頼り
死ぬも生きるも 死ぬも生きるも
この先ふたり