検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

無限の中の一度

無限の中の一度

  • 歌手:
    松任谷由実
  • 発売日:
    1992/11/27
この曲の表示回数 15,243
 
どんなに短くても きみと愛し合い
どんなに傷ついても 決して悔やまない

はじめて会ったとたんわかっていた
哀しい予感がした 濡れる瞳
後がないと知ってた 知ってたけど
回りだすルーレットに
ハートを全部賭けた

退屈すぎる日々に死にかけてた
やっぱりきみも同じ ひとりぼっち
もっと腕をタイトに タイトにして
息も時も止まる程
ずっと今を刻んで 刻んでおこう最後に

きっと過去も未来も きみとめぐり逢い
きっと過去も未来も そして離れてく

明日瞼をあけると きみはもういない

どんなに短くても きみと愛し合い
どんなに傷ついても 決して悔やまない
きっと過去も未来も きみとめぐり逢い
きっと過去も未来も そして離れてく

どんなに短くても きみと愛し合い
どんなに傷ついても 決して悔やまない
きっと過去も未来も きみとめぐり逢い
きっと過去も未来も そして離れてく