Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

遠野物語

遠野物語

  • 歌手:
    あんべ光俊
  • 発売日:
    1995/02/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 67,504
 
時刻表の地図を
指でなぞってゆくと
心のアルバムに
しまってたなつかしい駅につく
最後の夏だから
思い出だけが欲しかった
人を傷つけても
それを思い出にした
遠野の町に白い日記を
ボストンバッグにつめてきた僕に
昔々のおとぎ話で
ページを埋めてくれた君
明日は帰るという 月夜の晩の福泉寺
好きだと口づけた すすきの野辺よ

またいつか会えるかしらと
そう云って君は泣いた
きっと迎えにくるよと
そう云って僕は黙った
駅までの道を
青い林檎をかじった
やけにすっぱい味が
今でも心にしみている
遠野の町を自転車に乗り
涼んだ笛吹峠で
この町が好きと云った君の眼は
仔馬のように澄んでいた
あの町に帰りたい あの頃をやり直したい
今でも残ってるだろか 古い曲がり家よ
あの町に帰りたい あの頃をやり直したい
今でも残ってるだろか 古い曲がり家よ