Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Song 2 ~the sequel to that~

Song 2 ~the sequel to that~

  • 歌手:
    SMAP
  • 発売日:
    2002/05/15
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 29,507
 
慌ただしく 過ぎ去った季節は
おどけた風に舞う君のかおり溢れ

幼い頃ノートに描いた
眩しいパステルがきらめくようだった

儚い嘘で塗り替えたゆめをそっと誓った夜
押し寄せる悲しい現実を隠したまま

今ひとり歩き出す僕に何ができるだろう
指に触れた体温を探し続けていたのに

愛と云い切るのがちょっと恐くて
曖昧な未来を演じたりもしたね

ささやきかけて誤魔化した答えに笑い合ったけど
ココロの奥の方“yes”がちゃんと届いてたよ

今ひとり旅立った君に何ができただろう
優しくて泣きだした無邪気な空気の中で
暑すぎた夏の蒼やユニークなその捉え方も
分かち合えた全てを変わらず信じているよ

儚い嘘で塗り替えたゆめをそっと消した午後
押し寄せる悲しい現実を拒むように

今ひとり歩き出す僕に何ができるだろう
去りゆく君の仕種探し続けていたのに
これから何処へ行こうともそれほど違いはないさ
あの季節にはいつも儚い嘘をゆめ見るだろう

『雨あがりの街に やわらかな虹が架かった』

あれからの僕らはきっと
こんな日が来ると気づいてた

『そして街も暮れ逝く』