Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

祇園祭

祇園祭

  • 歌手:
    谷村新司
  • 発売日:
    1993/04/01
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 15,375
 
化野をぬけて 清滝へ向かう 祇園祭りの遠ばやしを
逃がれるように 宿につけば 心細さもつのる
渡月の橋を 渡りきるまでは
振り向いちゃいけない自分の過去だけは
真顔になった君は去年 確かにこの宿にいた
あー宵山の人波にまぎれて
あー握りしめた 君の手を覚えてる今も

祗王の夢と祇女の涙 庭に佇み夕暮れまで
悲しすぎるわ女はいつも 男の為に生きてくなんて
結婚するより このままの方が 一生懸命生きれるみたいと
つぶやく君は僕よりずっと 大きく見えた旅の宿
あー宵山の人波にのまれて
あー流れてゆけ 若すぎる恋の痣よ

風の噂に聞くこともない 祗園祭りにさらわれたまま
君の写真も少し黄ばんで 僕もいくつか年老いた
もっと男で いられたならば 君も女でいられたならば
恋に走れたあの年の夏 帰ることない暑い夏
あー宵山の人波のどこかを
あー愛している あの人も流れているだろう

あー祗園祭りの 遠ばやしが聞こえる
あーあの日のまま あーあの日のまま
あーあの日のまま あーあの日のまま