Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

サマー・ソルジャー

サマー・ソルジャー

  • 歌手:
    サニーデイ・サービス
  • 発売日:
    1996/10/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 16,596
 
暑さにまかせ ふたりは街へ出た
夏の太陽ギラギラまぶしいから
蜃気楼がゆっくり近づいたら
立ち止まってふたりを狂わせる

きみの瞳濡らすのは 遠くに見える海なのか
ぼくの心揺らすのは 溶け出して行く季節なのか

愛しあうふたり はにかんで
なんにも喋らず 見つめあう
それは天気のせいさ せいさ せいさ せいさ

いつでも夏は ふたりを放り出す
血を流させてそれでもそのままで
ビルの群がグラリと波打ったら
おおいかぶさってふたりを狂わせる

その唇 染めるのは 彼方に沈む夕陽なのか
ぼくの心つかまえて 青ざめさせる恋の季節

愛しあうふたり はにかんで
なんにも喋らず 見つめあう
それは天気のせいさ せいさ せいさ せいさ

それはほんの八月の冗談だったんだ
心震わせ言葉つまらせ 囁いてみただけさ

愛しあうふたり はにかんで
なんにも喋らず 見つめあう
それから先は hey hey hey…

hey hey hey…
hey hey hey…
hey hey hey…
hey hey hey…

八月の小さな冗談と真夏の重い病い
天気のせい それは暑さのせい それから先は…