Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

男の哀歌

男の哀歌

  • 歌手:
    千昌夫
  • 発売日:
    1988/08/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 16,812
 
故郷を出たときゃ おれだって
でっかいのぞみを 持ってたが
みんなどこかへ とんでった
それでも場末の居酒屋で
ほらを肴にひとり酒
これもきらくで あゝ いいもんさ

雨がしょぼしょぼ 降る夜更け
送って行くわと 女の子
いいことあるかと 思ってた
ところが オンボロアパートの
前でじゃあねと それっきり
せんべ布団が あゝ 身にしみる

昨日 おやじの手紙来て
おまえは みどころあったから
期待をしてると 書いてある
泣くなよ おふくろ 運命だよ
草がなければ 花だって
目立ちゃしないと あゝ ひとりごと