検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

はしゃぎ過ぎた夏

はしゃぎ過ぎた夏

  • 歌手:
    シャ乱Q
  • 発売日:
    1994/11/02
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,831
 
灰色の都会の夜
何故か今日は星が指す
俺のこと笑ってる

安物の銀の指輪
ポツリ残してお前は
突然に去ってった

一夜の夢みたく
あっけない幕切れだぜ
この恋の傷は深くて

くだらぬパーティの途中
一目惚れお前に夢中
運命の出会いだった

引き寄せられる様 二人抱きしめあってた
こんな夜が 来るとも知らず

はしゃぎ過ぎた夏 何度電話したとこで
お前いない事 分かってるのにバカだね
こんな辛いなら 出会いたくなかったぜ Baby
哀しみの夜も これからは一人きり
もう抱き合えない もう抱き合えない

全て夢か 幻 か
泣き顔で前も見えない
お前より弱いよね

呼べば返事返るのか
探したら見つかるのか
誰でもいい 答えてくれ

ケンカをした夜に お前なぐったこの手が
可笑しいぜ ずしりと痛む

はしゃぎ過ぎた夏 好きだったあのレコード
さっき割ったのに パズルみたく並べて
こんな辛いなら 出会いたくなかったぜ Baby
お前の寝顔を 見ながら眠る夜は
もう来ないから

はしゃぎ過ぎた夏 何度電話したとこで
お前いない事 分かってるのにバカだね
こんな辛いなら 出会いたくなかったぜ Baby
哀しみの夜も これからは一人きり
もう抱き合えない もう抱き合えない