Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

言葉を失した僕と空を見上げる君

言葉を失した僕と空を見上げる君

  • 歌手:
    wyse
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,882
 
公園のベンチで君と向き合い
言葉を失した僕と
首をかしげては空を見上げて
頬を赤らめる君
冬の空を舞う白い雪に
背中を押された僕は
そっと 君の肩を抱いた

ちょっと風邪気味な僕は
枯れた声を気にしながら
少し苦めな薬で
頼りない僕を飲み干して
駅の近くのベンチで
曲を書いていた僕の
姿が いつかの景色と
重なって溢れ出す

大きな坂道を二人乗りで
ブレーキを駆けず下った時に
何気にこぼれた君の言葉が
二人の会話の始まりだったあの頃

公園のベンチで君と向き合い
言葉を失した僕と
首をかしげては空を見上げて
頬を赤らめる君
冬の空を舞う白い雪に
背中を押された僕は
そっと 君の肩を抱いた

時計は午前3時を回って周りには
誰も居なくなったけど
さっきから小猫が僕の前を歩いては
「遊ぼ」って話し掛けてくるようで

当り前のように過ぎる日々に
慣れかけていた僕は
小猫と夜空に忘れていた
何かを気付かされ
とめどなく胸に溢れてくる
涙と傷を感じ
また君を思い出して

公園のベンチで君と向き合い
言葉を失した僕と
瞳をそらした後
空を見上げて涙を流す君
冬の空を舞う白い雪を
思い浮かべて僕は
そっと 瞳を閉じた