Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Perfume

Perfume

  • 歌手:
    wyse
  • 発売日:
    2002/03/13
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,110
 
難しい映画の後に口にしたコーヒーの
冷たさに触れて 初めて君の気持ちに気付いた

肌寒い風の中 そっとポケットが手を包む
君が不意に見せる仕草 どこか淋しそうにも見えた

雪が溶け始めて 僕はまた臆病になり
君が置き忘れた傷跡に幾度も手を染める

サヨナラを笑いながら話す 君の口元が
少し震えてたこと 今の僕になら見えるよ
どんな風にこの想いが 花と共に舞ったとしても
守るべき人は今じゃ 海より深い場所へ

出会いの季節はいつも 淡い花が咲き乱れ
思い出を吸い込んで散って 別れの季節へと変わる

どんな景色を辿っても 君の温もりは自然で
それを自然だと勘違いしたまま通り過ぎた日々

あの日 何気に飲んでた 色も形も無いモノが
今 時を超えて 大きな黒い陰へと変わる
古いノートの落書きに君との約束を見つけた
にじみ始めた君が 僕を通り抜けて行く

今日は何故か 見慣れたこの街も
水中から見る太陽のように揺れて見える

サヨナラを笑いながら話す 君の口元が
少し震えてたこと 今の僕になら見えるよ
どんな風にこの想いが 花と共に舞ったとしても
守るべき人は今じゃ 海より深い場所へ

そして 僕は戻せはしない場所へ