Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

エンジェルダスト

エンジェルダスト

  • 歌手:
    Plastic Tree
  • 発売日:
    2001/02/07
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 11,719
 
そして広場には 独り 僕 が居て
ブリキで出来た固い馬車に乗り遅れたら
風はいつもより気持ちよく刺さり
痛みは僕の骨に冷たさを残しては 消える

植え付けた種はいつか芽を出して
指の痙攣はそれまでは止まらない
みんなが 嫌う 僕の最低な顔で
素敵な昼下がり 白黒のなか歩こう

いつまでも淡い闇に手をのばす 少し冷たい

光の粒で無邪気になる子供達は僕を笑う

消毒された醜い僕を地下室まで

連れてゆくよ
連れてゆくよ 音もなく―。