Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

蒼い鳥

蒼い鳥

  • 歌手:
    Plastic Tree
  • 発売日:
    2002/06/26
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 17,931
 
蒼い鳥が飛ぶような
晴れた綺麗な日です。
みつけられない僕ら、
神様が笑った。
見上げたら枝のせいで
空はパズルみたい。
どんな言葉で君を
繋ぎとめられるの?

強い風が吹いて笑う、
飛べそうになる―。

きっと数えきれない光で、
ふたりがちぎれてくのは何故?
悲しみの蔦にからまる僕はこのまま、
このまま分からないまま。

やわらかい日溜まりで
こわいほど透けてく。
太陽は反射して
黒い点になった。

微かな音、耳をすます。
心の底へ。

きっとただ僕らは忘れてく。
君の声が響くのは何故?
悲しみの蔦にからまる僕はここから、
ここから手を伸ばす。

雨が降った。
見上げてる僕らが空へ
堕ちてく気がした。

きっと数えきれない光で、
ふたりがちぎれてくのは何故?
悲しみの蔦にからまる僕はこのまま、
このままだよ。
きっといつも君は知らなくて、
手を繋いでも遠くにいて、
悲しみの蔦がまきあがる空。
零れる光に埋もれてく、
埋もれてく―。

蒼い鳥が飛ぶような晴れた綺麗な日です。