Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

銀のスプーンで

銀のスプーンで

  • 歌手:
    奥井亜紀
  • 発売日:
    1994/04/25
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 10,926
 
夕方の公園でひとり 砂遊びしてた私は
いつも人の波を見ていた I Was Happy Those Days

背中向けてうつむいてる 君 ひとりぼっちなら
夕方の公園で 昼間の笑顔の落しもの 拾ってごらん
あの日なくした 銀のスプーンは たぶん 君のものだった

銀のスプーンで 砂をすくえば サラサラと溢れ落ちて行く
時の速さを思うけれど あの日聞いた歌は忘れない

迷い込んだ子猫のように 君は無邪気に笑うけど
信じられない人ごみの中 いくど傷つき叫んでいたの

銀のスプーンで 砂をすくえば サラサラと溢れ落ちて行く
時がかけてく 私のうしろ ふりむけば笑ってる 自分が見える

笑顔の裏に悲しみひとつ 裏切られても信じてるだけ
くれないに染まる涙の色 銀のスプーンに落ちては 消える

いつまでもここで遊んでられる 子供のままでいれたらいいね
涙のんで淋しさこらえ いくど眠れぬ夜を過ごしたの

銀のスプーンで 砂をすくえば サラサラと溢れ落ちて行く
時がかけてく 私のうしろ ふりむけば笑ってる 自分が見える

銀のスプーンで 砂をすくえば サラサラと溢れ落ちて行く
時がかけてく 私のうしろ ふりむけば笑ってる 自分が見える