Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

三日月メランコリー

三日月メランコリー

  • 歌手:
    山本正之
  • 発売日:
    1993/12/21
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 5,429
 
映画をみようねって約束したのに
プロレス見に行ったあの娘の
りんごのような丸いおでこに
ピストルつきつけた

いっしょに走ろうねって指きりしたのに
初日にカゼひいたあの娘の
トウフのようなやわなうなじに
縄紐まきつけた

そうだね他人のものはいい
他人のものだからなおさらいい
けれど他人のものだから
自分の手の中にきやしない

街の食堂でカツ丼たのんで
隣のやつが天丼食べてたら
急に天丼を食べたくなるのは
はたして軟弱だろうか

うしろ姿の仔猫がみつけたものは
三日月だけだろうか 蒼い夜空だけだろうか

銀座はいやだねよそよそしいね
赤坂気をつけて水商売の香り
新宿ダメだねタワーがいばってる
渋谷もパス乱れがましくて

中野は恐いよ献血させられそうで
上野はオットットレゲエになるにはまだ早い
とんで六本木ファッションの溜り場
青山なんかオナラをかけちゃえ

たとえば池袋の立教通りの
マダムシルクの一番奥の
テーブルがいい…やさしさに逢える
淡い蝋燭がいい

友情なんてこの世に一つ
有るか無いかの宝石だからね
人混みにキラリと光る
視線に気を配ろうね

うしろ姿の仔猫がみつけたものは
三日月だけだろうか 蒼い夜空だけだろうか

檻の中にいる子供の猿を
人の子供が眺めてる
どんよりとした真昼の憂鬱
眺めているのは猿の方かもね

コペルニクスが生きてたことを
絵本で読んで初めて知った
傷つけるべきものは自分ではなく
他人だったと知らされた

片目を開けて語り合う
人と人との歯車は
丸と四角と三角と
絡みあうのはいつのこと

苦しみだけの恋人は
夜の隙間を走りだし
無情の紅いシグナルに
つぶやきさえも阻まれた

それじゃあまたねと手をふって
ギターリストは家路へ帰る
振り向かないで小さく消えて
少年時代を見たような

あなたもぼくもメランコリー
おんなじ重さのメランコリー
廊下の隅のオルガンを
弾いているよなメランコリー

うしろ姿の仔猫がみつけたものは
三日月だけだろうか 蒼い夜空だけだろうか

冒険好きのノラ犬が
面影橋をくぐってく
ガラスのビルを見上げたことを
誰が気づいているだろうか

電車のドアに息をふきかけ
小指で書いたひと言は
お別れか愛なのか
発車のベルに消えてゆく

あなたもぼくもメランコリー
おんなじ青さのメランコリー
柱にもたれてハモニカを
吹いているよなメランコリー

うしろ姿の仔猫がみつけたものは
三日月だけだろうか 蒼い夜空だけだろうか

映画をみようねって約束したのに
プロレス見に行ったあの娘の
りんごのような丸いおでこは
明日に色づいて

やがて満ちてゆく 三日月かもね