Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

黒い鷲(L`AIGLE NOIR DEDIE A LAURENCE)

黒い鷲(L`AIGLE NOIR DEDIE A LAURENCE)

  • 歌手:
    岸洋子
  • 発売日:
    2007/04/11
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 22,601
 
いつか忘れたけど ある日 目が覚めると
大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの

雲へ翼広げて 空へまるい輪をかき
羽の音も重く 私の旁(そば) 下りてきたの

鷲の瞳はルビー 二つの翼黒く
王子様のような マントつけて 下りてきたの

肩にとまりながら 頬に頬を寄せて
耳の傍で熱く 喘ぎながら ささやいた

ぼくと帰ろうよ いつも夢を見てた
小さな時のように 星を取りに夜の空へ
ぼくと帰ろうよ 雲に乗って朝は

太陽見に行こうと 誘いかけて くれたけれど
やがて 悲しそうに 鷲は消えた空へ

いつか忘れたけど ある日 目が覚めると
大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの

いつか忘れたけど ある日 目が覚めると
大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの

いつか忘れたけど ある日 下りてきたの
飛んできたの 飛んできたの

いつか忘れたけど ある日 下りてきたの
空が裂けて 飛んできたの
飛んできたの 飛んできたの
空が裂けて 飛んできたの