Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

彼女と映た夏

彼女と映た夏

  • 歌手:
    山根康広
  • 発売日:
    1999/03/18
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 7,650
 
週末になれば決まって二人で
夏の海へ出かけた
夜も明けきれぬ誰もいない
浜辺にはふたつの影だけ

彼女(きみ)はおきまりのすこし度のきつい
眼鏡越しに笑ってみせる
はしゃいだ素振りで彼女の眼鏡を
奪った時のはにかむ瞳

彼女(きみ)と映(み)た夏が蘇る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい

海へ抜ける風が腕をすり抜ける
Flash Backに想い出めくって
子供のように陽が沈むまで
夢中でつくった砂の城

彼女(きみ)と映(み)た夏が甦る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が愛しい

彼女(きみ)と映(み)た夏が蘇る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい