検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

最終電車

最終電車

  • 歌手:
    Plastic Tree
  • 発売日:
    2003/10/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 14,755
 
最終電車に乗る。
冷たい車内は白い光にみたされながら、
ゆっくりと動き出していく。
ガラスの向こう側に、
さっき君といた街の灯りがちいさくなるよ。
欠けた月だけ追いかけてる。

黒い空を僕を乗せて、ずっと走りつづけていく―。

離れても、遠くても、全て君に向かっていく。
つぎはぎの祈りでも、ひとつひとつ叶うように。
何ひとつ迷わずに君が眠っていたらいい。
なんとなく、うれしくて、
おどけながら僕はちいさく手をふるよ。

切符をにぎりしめて君の事を想う。
駅に着くたび人影も消え、
僕だけが独り残ってる。
きしむ音で、少しだけ胸が苦しくて、
帰りにくれたアメが苦いや。
欠けた月のカケラみたいだ。

窓に楽しそうな日々が、ずっと流れつづけていく―。

離れても、遠くても、全て君に向かっていく。
ほころびた願いでも、ひとつひとつ届くように。
何ひとつ怯えずに、君が眠っていたらいい。
目覚めたら、君が好きな全てで、
世界が変わっているから。

欠けた月の裏側でほら、唄う声が君まで届いた?

最終電車はもう、
夜のはじっこに
たどり着く。

たどり着く。