Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夜明けの歌

夜明けの歌

  • 歌手:
    orange pekoe
  • 発売日:
    2003/07/02
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,593
 
朱鷺色染まりし 大地の端想う
星霜を重ね 移りしいろは

私にはわかっていた
草原をかき分けた 鈍色に紛れた

優しきものの声(うた)

さあ今 明けるわ 届け愛の花 ひとつ ふたつ
慈しみと共に咲け
I am free! 今 駆けるわ 届け愛の花 ひとつ ふたつ
朝焼けを詠う故は
ただ君がいるから 見えるわ 果てしないほどの光が

漂うこだまに器を満たして
想像を高め 映りし色は

君には届いていた
言葉を超えていた、彩りを交えた、
嬉しさに震えた。

さあ今 明けるわ 届け愛の花 ひとつ ふたつ
慈しみと共に咲け
I am free! 今 駆けるわ 届け愛の花 ひとつ ふたつ
朝焼けを詠う故は
ただ君がいるから 見えるわ 果てしないほどの光が

何かが無いならばそこには何かがあるの
君と僕は違い それでもわかりあえている
心の水はまだ澄み続けていられるの
約束をあげるよ 僕はいつもここにいる

さあ今 明けるわ 届け愛の花 ひとつ ふたつ
慈しみと共に咲け
I am free! 今 駆けるわ 届け愛の花 ひとつ ふたつ
朝焼けを詠う故は
ただ君がいるから 見えるわ 果てしないほどの光が